ドアのリフォーム費用の相場はいくらかかる?

 

玄関、リビング、個室、お風呂など住宅には各所にドアが設置されていますが、ドアのリフォームはどのくらいの費用でできるものでしょうか。
玄関ドアの場合からみていくと、工事費は20万円以下から80万円以上まで幅が出てくるでしょう。
一般的なドアは1万円程度から購入できるものがあり、20万円以上の防犯が厳重な高級玄関ドアまであります。

 

ドアの種類はアルミ製やスチール製は一般的で、木製やガラス製なども選べます。
一般住宅では開き戸がもっとも選ばれるタイプですが、高齢者や障害者のことを考えた引き戸もおすすめです。

 

工事はドア交換だけなら、数万の費用で済んでお得です。
ドア枠や周辺も含めてのリフォームになると、その分複雑な行程があるために工事費が高めになるのです。

 

室内ドアの場合には、玄関よりもお安くリフォームができます。
室内ドアは強度を求められるものではなく、デザインが重視されるもので、費用としては1万円から7万円程度となります。

 

室内ドアリフォームの工事費は高くても20万円程度になるでしょう。
この場合もドア交換だけなら3万円程度で済ますことができます。

 

お風呂のドアリフォームですが、ドアの種類は大きく分けて3種類あって、引き戸、開き戸、中折ドアです。
お風呂と脱衣所の形状に合わせて選ぶようにします。

 

中折タイプは狭い空間でも無理なく開閉が出来て人気です。
費用としては2万円から7万円程度と高くはならず、ドア交換だけなら3万円から10万円といったところです。

 

玄関ドアの交換リフォームならサッシ扉がおすすめ

 

あまり詳しくない人は、玄関ドアの交換リフォームは、それ程は必要な費用とかが掛からないような感じもしたりするかもしれません。
しかしながら、実際にはその家屋などの物件のタイプ毎により設計なども異なります。

 

そのうえ、玄関ドアのサイズや材質とかにもよりますので、種類によっては大変高額なリフォーム費用とかが掛かるような場合も十分に考えられます。
そうした面なども十分に考慮をしながら、リフォームの計画やそのための設計をしていくといった流れが、とても大切です。

 

ただ、自分が予想をしていたリフォーム金額よりも費用が安くあがった場合などでは、玄関部分に近い箇所のリフォームなども視野に入れながら、計画、設計、見積もりを考えていく事も可能になってきます。
場合によっては、別々の箇所としてリフォームするよりも、同じプランとしてリフォーム依頼を包括して専門業者に要請した方が、費用が安くなる事もあります。

 

申し込み前に、業者の担当者の方に見積もりをして貰って確認しましょう。
自分自身を含めて、家族や部外者の方などをはじめ、その他多くの不特定多数の人々が出入りする、重要な玄関ドアのリフォームは、慎重に進めるに越した事はありません。

 

そしてとくにお勧めなどが、お手入れなどの利便性もある横開きのサッシのドアです。
取り外しなども可能なうえに、ドア扉などに比べてとても軽量ですので、これなら老後も安心です。
そのうえリフォーム費用などもそれ程掛かりませんので経済的であり、大変お得といえます。

リフォーム費用は業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

厳選された優良リフォーム業者への相見積もりで、断然有利です!

>>リフォーム費用の相場は?<<