MENU

マンションのスケルトンリフォーム費用の相場は?坪単価だと?

 

中古マンションのスケルトンリフォーム(リノベーション)が注目されていますが、実際にリフォームした場合の相場が気になりますよね。
マンションの場合、スケルトン状態に戻して内装を全て刷新することで、新築と遜色ない住み心地を実現できますが、それだけに費用は安くありません。

 

もちろん、間取り、居住面積、使用する建材・設備のグレードによっても相場は違ってきます。
施工するリフォーム業者によっても相場は違ってきます。

 

こだわれば費用も膨らんでいきますが、最低どれくらいの費用でスケルトンリフォームが可能なのかを、マンションの間取り・居住面積別にまとめてみました。
スケルトンリフォーム費用相場の参考にしてみてください。

 

間取りによるマンションのスケルトンリフォーム費用

 

間取りによるマンションのスケルトンリフォーム費用では、需要の大きい2LDKと3LDKの相場について紹介します。
当然ですが、2LDKより3LDKの方が費用は高額になる傾向です。

 

2LDKマンションのスケルトンリフォーム費用の相場

2LDKマンションのスケルトンリフォーム費用は、大体500万円〜900万円が相場の目安です。
居住面積、建材グレード、設備グレードによって費用は異なります。
デザインや材質にこだわれば金額はどんどん上がっていきますが、2LDKマンションのスケルトンリフォーム費用で500万円を下回るのは難しいと思います。

 

3LDKマンションのスケルトンリフォーム費用の相場

3LDKマンションのスケルトンリフォーム費用は、大体700万円〜1200万円が相場の目安です。
3LDKを2LDKに間取り変更する場合も、こちらの費用感になります。
2LDKマンションのスケルトンリフォーム費用の場合、700万円からが目安になりますが、居住面積によっては下回ることも可能だと思います。

 

マンションのスケルトンリフォーム費用の坪単価は?

 

スケルトンリフォーム費用の坪単価を聞かれることがありますが、正直に言って坪単価はあてになりません。
無理やり坪単価を出すなら、10〜70万円程度でしょうか?

 

50uのマンションと、70uのマンションを比較すると、面積は1.4倍になりますが、スケルトンリフォーム費用も1.4倍になるわけではありませんので、坪単価はあてにならないのです。

 

一番費用がかかるのは水回り設備ですが、坪数が増えたからと言って、お風呂やキッチンの数まで増えるわけではありませんからね。

 

ただし、居住面積によるスケルトンリフォーム費用の相場はあります。

 

ここでは、居住面積によるマンションのスケルトンリフォーム費用として、需要の大きい50u・60u・70u・80u台の相場について紹介します。
広い部屋で建材・設備にこだわると、スケルトンリフォーム費用は1000万越えが目安となります。

 

50uマンションのスケルトンリフォーム費用の相場

50uマンションのスケルトンリフォーム費用は、大体500万円〜750万円が相場の目安です。
500万円ではクロス・床材などはスタンダードタイプ、設備はミドルグレードが目安になります。
ハイグレードのクロス・床材・設備を使用する場合、600万円からが目安になります。

 

60uマンションのスケルトンリフォーム費用の相場

60uマンションのスケルトンリフォーム費用は、大体600万円〜900万円が相場の目安です。
600万円ではクロス・床材などはスタンダードタイプ、設備はミドルグレードが目安になります。
ハイグレードのクロス・床材・設備を使用する場合、750万円からが目安になります。

 

70uマンションのスケルトンリフォーム費用の相場

70uマンションのスケルトンリフォーム費用は、大体700万円〜1050万円が相場の目安です。
700万円ではクロス・床材などはスタンダードタイプ、設備はミドルグレードが目安になります。
ハイグレードのクロス・床材・設備を使用する場合、850万円からが目安になります。

 

80uマンションのスケルトンリフォーム費用の相場

80uマンションのスケルトンリフォーム費用は、大体800万円〜1200万円が相場の目安です。
800万円ではクロス・床材などはスタンダードタイプ、設備はミドルグレードが目安になります。
ハイグレードのクロス・床材・設備を使用する場合、950万円からが目安になります。

 

マンションのスケルトンリフォーム費用を安くするコツ

 

マンションのスケルトンリフォーム費用は安くありません、というか相当な高額になることが殆どです。
お金がかかるのは仕方ないにしても、できれば少しでも安くしたいのが正直な気持ちですよね。
スケルトンリフォーム費用を安くするコツを紹介するので、ぜひ残光にしてください。

 

スケルトンリフォーム費用を安くするコツ1.設備メーカーに拘らない

せっかくのリフォームなので色々こだわりたい気持ちは当然ですが、こだわるほど金額は高くなります。
同等の設備グレードなら安い方を選びましょう。

 

例えば、ユニットバスならTOTOではなくLIXILを選べば、10〜15%程は安く抑えることができます。
3流メーカーでは話になりませんが、国内の有名メーカーなら極端な性能差はないので、価格優先で選ぶことで費用を抑えましょう。

 

スケルトンリフォーム費用を安くするコツ2.使用する建材を統一する

クロス・フローリング・タイルなどの建材は、同じものを全部屋で使用する方が安いです。
部屋ごとにクロスを変えたり、アクセントクロスを貼ったりすると、当然ですが割高になりますので注意しましょう。

 

スケルトンリフォーム費用を安くするコツ3.補助金制度を利用する

スケルトンリフォームすることで住宅性能が向上するような場合、補助金制度を利用することが可能です。
補助金については別のページで詳しく解説しているので、そちらを参考にしてください。

 

参考:断熱リフォーム費用の補助金・介護リフォーム費用の補助金の金額は?

 

スケルトンリフォーム費用を安くするコツ4.一括見積もりで比較する

スケルトンリフォームは大掛かりなだけに、リフォーム会社によって費用が大きく違ってきます。
なるべく沢山の会社に相見積もりして比較することで、費用も安くできますし、施工内容も満足のいくものになると思います。

 

スケルトンリフォーム費用の相見積もりなら、ネットの一括見積もり比較が便利です。
一括見積もりなら入力も簡単!無料で利用が可能!実際の費用が簡単に分かります。

 

厳選された格安優良業者への相見積もりで、費用も断然有利です!

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

リフォーム費用は業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

厳選された優良リフォーム業者への相見積もりで、断然有利です!

リフォーム費用の相場と目安は?