お風呂・浴室のリフォーム費用の相場はどのくらい?

 

お風呂のリフォームは、家の中では割とよく行われている箇所になります。
ただ、その費用については、どういう家に住んでいるか?によって相場が異なっています。

 

一戸建てとマンションでは、どちらかというと一戸建ての方が金額的には高い場合が多いです。
相対的にマンションの方が安くリフォームできますね。

 

とは言え、お風呂のリフォームでは、浴槽や給湯器のグレードによる価格差も大きいです。
在来浴室なのかシステムバスなのかの差もありますよね。

 

このページでは、お風呂・浴室のリフォーム費用の相場について解説しています。
ぜひ参考にしてください。

 

マンション・一戸建てのお風呂・浴室のリフォーム費用はどのくらい?

 

お風呂・浴室のリフォーム費用は、水回りのなかでも一番高額です。
お金持ちのなかには、自宅に温泉を引いたり、ジェットバスを設置したりといった事例もありますが、そういった極端な例ではなく、一般的な相場はどのくらいなのでしょうか?

 

マンションのお風呂・浴室リフォーム費用の相場

マンションのお風呂・浴室リフォームでは、ユニットバスの交換工事が一番多くなっています。
タイル張りの浴室を換気乾燥暖房機付ユニットバスに変更する工事も人気ですね。

 

目安価格帯:60〜120万
中心価格帯:80〜100万

 

一戸建てのお風呂・浴室リフォーム費用の相場

一戸建てのお風呂・浴室リフォームの場合、ユニットバス化する場合と、タイル貼りの在来浴室のままの場合に分かれます。
マンションに比べて工事の自由度も高いので、しっかり費用をかけて快適なお風呂にリフォームするケースも少なくありません。

 

目安価格帯:80〜140万
中心価格帯:100〜120万

 

お風呂・浴室リフォームの事例と費用

お風呂のリフォームと言うと、大きく分けて、以下の3つの工事内容が考えられます。
工事の内容によって、リフォームの費用に違いがあります。

 

  • 浴槽や給湯器、浴室の壁や床、扉、暖房の設置など、部分的な工事
  • 在来浴室からユニットバスに変更する工事
  • ユニットバスを交換する工事

 

お風呂の部分的なリフォーム費用の相場

部分的なリフォームの場合は、その内容で料金は異なりますが、10万円以上の予算が概ねの目安と言えます。
浴室暖房機や給湯器も、その程度の価格から設置を検討できます。

 

お風呂の浴槽交換とタイル補修リフォームの事例画像と期間

在来浴室の浴槽交換とタイル補修リフォームの事例です。

 

かかった期間:1日
かかった費用:290,000円

 

 

在来浴室からユニットバスへのリフォーム費用の相場

最もリフォーム費用が掛かるのが、ユニットバスに変更する工事で、平均して100万円以上かかります。
特に築年数の古いお風呂の場合、水回りという特性もあり、土台自体に腐りなどの老朽が見られるケースが多くなっています。

 

土台や配管からの工事になるとリフォーム費用も高額になりますが、既節の配管をそのまま利用したり、サイズ変更がない場合など、金額を抑えることも可能です。

 

在来浴室からユニットバスへのリフォーム事例画像と期間

タイル貼りの冷えやすい浴室から温かいユニットバスへのリフォーム事例です。

 

かかった期間:7日
かかった費用:760,000円

 

 

ユニットバスを交換するお風呂リフォーム費用の相場

ユニットバスを交換するリフォーム費用の場合、大体の相場としては80万円以上です。
この場合は、既に土台部分はユニットバス用に整っています。
在来浴室からの変更に比べて工事が簡単となるため費用が抑えられます。

 

お風呂の広さや、システムバスのグレードによって、リフォーム費用は上下します。

 

ユニットバスを交換するお風呂リフォーム事例画像と期間

ユニットバス交換、石目調のアクセントパネルへのリフォーム事例です。

 

かかった期間:7日
かかった費用:460,000円

 

 

お風呂・浴室リフォームの補助金を使えば格安費用で工事できる

ここまで、お風呂のリフォーム費用の相場について解説してきました。
マンション・一戸建てによる違いや、工事内容、設備のグレードによってリフォーム費用は大きく異なりますが、いずれにしても安いとは言えない金額ですよね。

 

格安でリフォームするための手段のひとつに、補助金を利用する方法があります。
補助金の対象となる工事内容は、省エネに関するリフォームで、以下の3条件のいずれかが必須です。

 

  1. 開口部の断熱
  2. 外壁、屋根・天井または床の断熱
  3. エコ設備の導入

 

補助金は工事前に申請が必要です。
工事内容によって補助金の金額も変わるので、詳しくはリフォーム業者に相談してください。

 

お風呂・浴室リフォームはDIY可能

お風呂のリフォーム費用を少しでも安くするための、自分でDIYすることは可能なのでしょうか?
結論から言うと、在来浴室の場合なら、壁やタイルの補修をDIYするような部分的なリフォームなら可能でしょう。
配管やユニットバス化などは難易度が高すぎるので、おすすめできません。

 

お風呂・浴室を格安費用でリフォームするなら一括見積もりがおすすめ!

リフォーム費用を一括見積もり人するが急増中です!
車査定や自動車保険では、今やネットでの一括見積りは常識ですが、この業界でも一括見積もりで施工会社を選定する人がどんどん増えています。

 

リフォーム費用を一括見積もりする人が増えているは何故でしょうか?

 

参考:リフォームするなら一括見積りで費用を比較しよう!

 

お風呂・浴室のリフォームはTOTO?LIXIL?

 

ユニットバスのメーカーと言えば、最大手がTOTO、次いでLIXILです。
その他にも、タラスタンダード、Panasonic、トクラス、クリナップ、ハウステック、ノーリツなどのメーカーがありますが、大手2社が圧倒的だと思います。

 

TOTOとLIXILでどちらが良いかと言えば、どちらでも好きな方を選んで問題ありません。
TOTOは、ユニットバスの生みの親はなので技術力を強みとしていますが、LIXILも様々な工夫をしています。

 

リフォーム費用の面から判断するなら、TOTOはLIXILより少しだけ高めですね。
以下は、両社のカタログでラインナップされている製品の価格です。

 

TOTO:42〜247万円
LIXIL:50〜263万円

 

いずれの金額も定価です。
リフォーム業者によって、メーカーからの仕入れ価格も異なりますので、値引きを含んだ実際の価格は、業者の見積もりの上で確認してください。

 

お風呂のリフォーム費用は格安なほど良い?

 

お風呂のリフォームは、予算をしっかりと決めてから実行したいですね。
古いマンションや一戸建ての場合、お風呂全体の交換が必要なケースも多いのですが、あっという間に70万円ほどになってしまいます。

 

給湯器だけの交換だけでも20万円近くになってしまいますし、合わせて浴槽も交換となると、更に15万円程度アップします。
他の部分のリフォームも考えている場合には、その費用を圧迫してしまうことにもなりかねません。

 

格安費用のお風呂リフォームはガス給湯器に注意

お風呂のリフォームで特に注意したいのは、実はガス給湯器の質です。
施工業者によっては、古い型式の給湯器を安い金額で仕入れ、正規の価格で依頼主に請求している場合もあるからです。
ガス給湯器のメーカーのカタログをよく調べ、最新式の給湯器にしてもらうように注意したいですね。

 

お風呂リフォームは期間もかかるので格安なら良いわけではない

もう一つ注意したいのは、お風呂のリフォームは、クロスの張替えなどと違って、工事の機会はそう多くないということです。
水回りの大型工事なので、家族の将来設計なども考えてプランを考え、一度で済ませてしまいたいですね。

 

お風呂のリフォーム工事の期間、浴室を使えないというのは、想像以上に辛いものですので、何度もやると家族からの不満が出てしまうでしょう。

 

お風呂のリフォーム費用は浴槽交換か浴室作り変えかで大きく変わる

 

お風呂のリフォームは、費用的に2種類に分かれます。
浴槽交換やシャワーの取り換え等、元からある機器の変更であれば10万円〜50万円で済みますが、浴室そのものを作り変える場合は大きな工事になるので、予算は天井知らずです。
メーカーカタログでも色々ありますが、100万円以上+工事費用と考えていいでしょう。

 

どういうことなのかというと、浴槽はサイズが決まっています。
浴槽を取り付ける穴のサイズ、排水溝の位置と、浴室そのものの広さによって変わります。

 

浴室作り変えるお風呂リフォーム費用は100万円以上

単純にお風呂のリフォームで検索すると色々なバスルームの商品が出てくると思いますが、このパターンのリフォームは改装工事です。
浴槽本体の価格+浴室環境次第で必要な別途工事の費用が掛かります。

 

位置関係によっては、お風呂全てを作り直す事もあります。
こうなると少なく見積もっても、100万円以上は固いでしょう。

 

浴槽交換だけのお風呂リフォーム費用は低価格

勿論浴槽やシャワーは多数のサイズが用意されているので、そのまま取り換えるだけで使える場合は取り換え工賃+部品価格になります。
湯沸かし器の新規設置等はガスや電気の兼ね合いもあるので、値段は何ともいえません。

 

古い家ほどお風呂リフォーム費用は高くつく

傾向としては、古い家ほど簡単なリフォームでも高額の費用が掛かります。
今の時代にあって当然なものが、古いお風呂には無いケースが多いからです。
特に小型の浴槽は、サイズ自体が存在しない事もあります。

 

リフォーム費用は家の環境によって様々なので、まずは見積もりをしましょう。
〇〇さんの家は〜万円で済んだのに!という文句は通用しません。
見積もりを正確に出すまで全く費用が想像できないのが、お風呂のリフォームなのです。

 

在来浴室からユニットバスへのお風呂リフォームの費用

 

現代においてはユニットバスの浴室がかなりメジャーで、在来浴室と言われるものは相対的に多くないかもしれません。
しかし、昔からある家の場合には在来浴室となっているケースもあるでしょう。

 

そういうお風呂をユニットバスにリフォームするときには、結構な費用がかかると思った方が良いです。
ユニットバスへのリフォームに費用がかかるというよりは、在来浴室からリフォームすることに関して費用が発生しやすいと見るべきでしょう。

 

在来浴室の場合には、浴室の多くを取り壊す作業が必要になります。
したがって、かなり大掛かりな工事となります。

 

壁や床下まで工事が必要な場合もありますし、期間も多くかかるのではないでしょうか?
このケースでは具体的には100万円から200万円くらいかかるケースもあると思われます。

 

具体的にいくらかかるか?というのはケースバイケースですけど、お風呂のリフォームの費用の中ではかなりかかると思った方が良いのではないでしょうか?

 

今のお風呂はユニットバスが主流で、そちらの方が綺麗でしょうし、使いやすいと感じる人も多くいると思われます。
したがって、ユニットバスに浴室をリフォームする例は多くありますが、中でも在来浴室からリフォームするときには費用が多くかかる可能性が高いということは知っておきましょう。

 

ユニットバスからユニットバスへのお風呂リフォームの費用

 

お風呂をリフォームするときにはすでにユニットバスの浴室の場合には、そこから別のユニットバスにリフォームするときには、そこまで費用はかからないとされています。
これは在来浴室からユニットバスへのリフォームをするときの費用と比べてのことになります。

 

しかし、ユニットバスからユニットバスへのリフォームでも、在来浴室からユニットバスへのリフォームをするとき並に割と高額になるケースもあるので知っておきましょう。
それはどうしてか?というと、ユニットバスの中でもグレードというものがあるからです。

 

したがって、よりグレードの高いユニットバスにリフォームしようとするときには、予想以上の高額な費用がかかるとされています。
本当に高価なユニットバスは、高級ホテルのお風呂さながらのもので、見た目からして高級感が溢れるような感じになっていますから、そういったお風呂にしたいときにはかなり費用がかかると思った方が良いのです。

 

具体的な費用はメーカーによっても異なりますが、100万円以上というケースも普通にありますから、本当にユニットバスへのリフォームでもお金がかかる場合はあるということなのです。
より良いユニットバスにしようと思ったら、リフォーム費用も弾んでしまうということは知っておくと良いと思います。

 

タイル貼りのお風呂からユニットバスへのリフォーム費用

 

最近のお風呂は、ユニットバスが主流です。
密閉性があり冬は暖かく、手入れのしやすさや整った設備、またお洒落な空間が人気の理由です。
古いタイル張りのお風呂の場合は在来工法が一般的でしたから、ユニットバスへのリフォームを検討されているお宅も多いかと思います。

 

しかし、タイル張りの在来浴室からユニットバスへのリフォームは全面的な工事になるため、その費用が気になりますよね。
今回はユニットバスへのリフォーム費用について、その相場をご紹介します。

 

ユニットバス本体の価格はメーカーやグレードによって大きく異なりますが、シンプルなタイプの定価では60万〜70万円程度です。
グレードが高いものは120万円〜160万円程度です。

 

多くの場合この定価から割引されますから、相場ではシンプルなものは40〜50万円前後、ハイグレードなものなら110万円〜120万円前後といった感じです。

 

この本体価格の他、各種の工事費用が加算されます。
その費用の相場はおおよそ30万円前後になっています。

 

タイル張りの在来浴室からユニットバスへのリフォームの場合は、この工事費用以外に基礎工事はじめ、解体の費用が発生することもあります。
その費用は、浴室の状態によって5万円〜10万円程度を見ておくと良いでしょう。

 

以上のように、タイル張りの在来浴室からのリフォームとユニットバスからのリフォームでは費用が若干違いますが、大まかな予算の相場としては70万円〜160万円となっています。

 

ユニットバス本体のグレードやメーカーで費用が大きく異なりますから、リフォームの際には各社の製品比較や業者の見積もり比較をして、予算や希望に合わせたお風呂リフォームを実現しましょう。

 

お風呂リフォームは一括見積もりがおすすめ

 

家がだんだん古くなってきた、最近中古住宅を買った。
このようなときに、リフォームをお考えになると思います。
実際にリフォームを行った家などをみるとガラリと雰囲気が変わります。

 

本当にきれいな新品のような家になりますので、ある程度費用がかかってしまってもリフォームをしたいと考えるものです。
しかし、なかなか家中全部というわけにはいかないので、どこから工事を行うか悩みどころです。

 

そんなリフォーム対象の中で、いつも上位に上がるのに、実際には工事をせずに、まあそのままでいいか、と後回しになってしまうのが、お風呂です。
お風呂リフォームというのは、見積もりを取るとなかなか高額になることが多いからです。

 

なぜかというと、トイレもキッチンも器具を取り替えただけで、かなり素敵になるわけです。
ところが、同じ水回りのリフォームでも実はそれ以外の付帯する工事が少ないのです。
器具交換のほかはせいぜい周りの壁紙を変えるくらいでしょうか。

 

ですから、複雑な工事部分がそれほど多くないので職人さんの工事費が少ないので、器具そのものがある程度高くても一番高い人件費が少ないのです。
つまり、効果的にリフォームの成果を得られるのですね。

 

ところが、お風呂の場合は、まずユニットバス自体の価格もそれなりに高いうえ、さらに設置工事、窓や換気扇との接続部分や脱衣場になる洗面所への取り回しなど現場で工夫を要する多くの工事が伴うので、職人さんの工事費がかなり膨らんでしまう場合があるのです。

 

ときどき、そういったことを無視して安い見積もりを出してくるリフォーム業者もいます。
そういった場合、注意しないとあとになって、あれもこれも除外でしたと言って請求してくる悪徳業者も少なくないので見積もりの時点で注意してください。

 

浴室周りのリフォームは、一見高い見積もりでもそれなりの理由があることを理解した上で、信頼できる業者を探すようにしましょう。
当サイトでも紹介している一括も積もりがおすすめです。

リフォーム費用は業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

厳選された優良リフォーム業者への相見積もりで、断然有利です!

>>リフォーム費用の相場は?<<