一戸建てリフォームの事例と費用の相場

 

我が家の場合は、築年数の古い家に住む事が決まったのをきっかけに、初めてリフォームを経験しました。
結構大々的な工事で、費用は900万円でした。

 

一戸建て一階全面リフォーム費用

900万円という金額は、屋根、外壁、キッチン、お風呂、2階建てでしたが、1階部分は全面的にまるごとリフォームした費用です。
リノベーションとまではいきませんが、1階部分の目につく部分は、全面的にやりました。

 

一戸建てリノベーション費用の相場は1000万円から

リフォームするにあたって、予算は800万円以下と決めていました。
思っていた以上に大掛かりな工事になったため、リノベーション出来そうな位の費用に跳ね上がったのは予想外でした。

 

一戸建てリノベーションで外観も含めた相場は?

1000万円という相場は、内装を新築同然に作り直すときの相場です。
外観も含めると、金額は1500万円からが相場です。

 

一戸建てまるごとリフォーム費用は建坪が影響する

建坪の大きな家だったのも、費用が増えた原因だと思います。
でも、手を入れないと住める状態では無かったので、900万円で実行に移す事にしました。

 

一戸建てを間取り変更してLDKにリフォーム

キッチンは今まではガスで狭い空間だったので、使いやすくする必要がありました。
そこで隣の部屋の壁を取り除いて、リビングと繋げて今風な感じを再現しました。

 

一戸建てをオール電化にリフォーム

キッチンは拘りたかったので、オール電化に変えて、ビルトインガスコンロもIHに入れ替えました。
IHは最新型で、掃除もしやすいものを選びました。
そして、システムキッチンにしたので、すっきりと片付けが楽になりました。

 

一戸建ての外壁リフォームは色選びが難しい

外壁に関しては、カタログを見て決めました。
ところが、実際に取り付けてもらったら、思っていた色と違った外壁に仕上がってしまったのは、正直ショックでした。

 

もっと明るい茶色を選びたかったのに、なんだか暗い茶色で、見た目の印象があまり良くありませんでした。
外壁は受ける印象も大きく左右する箇所と思うので、もっと時間をかけて決めれば良かったと後悔しています。

 

一戸建てリフォーム事例まとめ

キッチンを初めとして大規模に改築して、費用も期間もそれなりに掛かってしましました。
感想としては、全面リフォームして良かったなと満足しています。

 

新築を購入したり、建て替えするよりも安いし、リフォーム技術も進歩していて、内装部分は殆ど新築を変わりません。
ぜひ参考にしてみてください。

 

二世帯住宅の一戸建て全面リフォーム費用の相場は?

 

我が家は両親の実家を二世帯住宅に、まるごと全面リフォームにしました。
実際に検討を開始するまでは、その時の増改築費用の事情も良く分かっていなかったので、その時の予算内で二世帯住宅など夢のまた夢と思っていました。

 

それに所詮は改築工事なので、全面リフォームといっても劇的に変わる事はないと思っていました。
しかし、ここ数十年での技術の進化は凄く、見た目どころか内装も新築同然です。

 

とても全面リフォームで出来た二世帯住宅とは思えないほどでした。
しかも、建て替えの様に、施工中は引っ越しの必要もありませんでした。

 

一戸建て全面リフォーム費用は1500万

両親の1階のリビング、和室、玄関、浴槽以外は、まるごと全面リフォームと言う大規模な施工だったのですが、両親が住んだままで、全ての施工が出来ました。

 

費用も最初の見積もりは、1900万円で、この値段だと厳しいと思い、一時は暗礁に乗り上げかけましたが、そこはキッチンやトイレなどのブランドをワンランク下げた対応で、最終的には1500万円まで、下がり無事まるごと二世帯住宅の契約となりました。

 

流れも殆ど新築と一緒で、間取りのレイアウトを3パターン提案して頂いたり、内装、外装の種類もコーディネイターと相談しながら、決めていきました。

 

一戸建て全面リフォームは費用は掛かるが新築同然

新築ではありませんでしたが、家を最初から作っている感覚があり、とても有意義だったのを覚えています。
出来上がった二世帯住宅を見た時、これが全面リフォームのクオリティかと驚きました。

 

工事前の実家の写真と見比べると、笑ってしまうほど違います。
建て替えや新築の家は無理と諦めている人がいるならば、全面リフォーム技術の体験者として教えてあげたいです。

 

築30年の一戸建てをまるごと二世帯住宅にリフォームした体験談

 

家を考える時、当然、まずは予算内の中での家を決める訳ですが、我が家は両親と同居と言うことだけは、決まっていたので、実家に一緒に住むか、建売新築に一緒に住むかの選択しかないと思っていました。

 

実家に一緒に住むという選択が良いと思ったのですが、実家は築30年な為、一緒に住むには手狭ですし、何よりも古過ぎると思っていました。

 

我が家の家の予算では両親と一緒に住むのは難しいとさえ思い、半ば諦めていた時に、ネットの中で二世帯住宅まるごとリフォームと言う広告が目に飛び込んで来ました。
その広告は、部位のリフォームではなく、一軒まるごと二世帯住宅リフォームと言う事でした。

 

一戸建てまるごとリフォームは半分の費用で新築そっくり

予算を見ても新築の半分超で、新築同然のリフォームができるという部分に興味を持ち、直ぐにリフォーム会社に相談に行ってみると、事例集を見る限り、本当に新築の様なリフォーム事例でした。

 

私は実家を、まるごと二世帯住宅にリフォームした時の予算の見積もりを見て驚きました。
何と予算内どころか、おつりが来る見積もりでした。

 

そのおかげで、予算で余ったお金を、おしゃれな室内灯やパソコンデスクに充てさせて頂きました。

 

まるごとリフォームと言っても、施工の流れは、ほぼ新築でした。
ほぼ妥協なく、自分の理想の家が実家の二世帯住宅リフォームとして実現する事が出来ました。

 

新築を予算で諦める前に、まるごとリフォームと言う選択肢を私はお勧めしたいです。

リフォーム費用は業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

厳選された優良リフォーム業者への相見積もりで、断然有利です!

>>リフォーム費用の相場は?<<