トイレをリフォームしたいけど費用はいくらかかる?

 

長年住んでいるとトイレも新しくしたいと感じるようになってきます。
毎日使う場所なので、使いやすいだけでなく、清潔で癒しの空間であってほしいものです。
ではトイレのリフォーム費用にはいくらぐらいかかるものなのでしょうか。

 

トイレのリフォーム費用は配管工事の有無で大きく変わる!

水回りのリフォーム費用が高くつく原因のひとつは、配管工事が必要な場合があるためです。
トイレの場合、便座を交換するたけの簡易的な工事内容なら、そこまで高額になることはありません。
反面、和式から洋式へのリフォームなどでは、費用も高額になります。

 

トイレのリフォーム費用は便座以外の工事の有無で大きく変わる!

例えば、壁紙を張り替える、床を張り替えるなどの工事を行えば、費用は高くなります。
トイレのリフォームに限ったことではありませんが、予算を決めてから検討しましょう。
追加工事が発生する可能性も含めて、業者に確認しましょう。

 

トイレリフォーム事例ごとの費用の相場いくらかかる?

 

現在の家屋状況やリフォームの範囲は人それぞれなので、費用も一概にいくらとは言えません。
水洗なのか汲み取り式か、段差、和式なのか洋式なのか、壁や床はどうするのか?

 

トイレのリフォームは新しい便器をどんなものにするか、どこまでのリフォームをするかで工事費用は大きく変わってきます。
ネット上で特価で販売されている便器を購入し、施工だけ業者に頼むという方法もあります。

 

とは言え、目安になる金額は知っておきたいものです。
ここでは、一般的なトイレリフォーム事例ごとの費用の相場を紹介しています。

 

マンションのトイレリフォームの費用

まず、内装・便器はそのままで、便座だけを温水洗浄機能付き便座(ウォシュレットなど)に交換する場合は、工事代金を入れて10万円以下で済みます。
ただし、温水洗浄機能付き便座は電気を使うため、コンセントを新設しなくてはいけない場合は、さらに電気工事費用がかかります。

 

便器 便器+壁+床 トイレ全体
ウォシュレットトイレ 2.5〜6万円 7〜17万円 -
タンク式トイレ 9〜22万円 13〜30万円 40〜70万円
タンクレストイレ 13〜32万円 18〜40万円 45〜80万円

 

和式から洋式へのトイレリフォーム費用

便器そのものを取り換える、床材や壁紙を交換する、手洗いカウンターを取り付けるなど、一般的なトイレリフォームをする場合は30〜50万円程度かかります。
和式を洋式に変えるなどもこの価格帯になります。

 

タンクレストイレへのリフォーム費用

タンクレスは、タンクがない分トイレの中が広く使えるのという利点があります。
ただ、手洗いカウンターを新たに設置する必要があり、一般的なリフォーム費用は40〜70万円程度かかります。

 

手洗い機のトイレリフォーム費用

手洗いカウンターのみをリフォームする場合は、交換か新設かで費用が変わります。
交換の場合は6〜13万円程度が相場、新設の場合は12〜19万円程度が相場となりますが、手洗い器・カウンター・キャビネットの有無やグレードによっても変化します。

 

トイレの移動リフォーム費用

トイレの移動には、設置、配管、電気、内装などの工事が必要になります。
1階から2階に移動、同じフロア内で移動など、工事パターンにもよりますが、リフォーム費用としては40〜50万円程度が相場です。
工期の目安としては、2〜5日間程度が必要です。

 

汲み取り式(ぼっとん便所)から簡易水洗トイレへのリフォーム費用

簡易水洗トイレは、定期的な汲み取りは必要なものの、見た目や機能は普通の水洗トイレと変わりません。
一般的なリフォーム費用は、15〜60万円程度です。

 

下水道の無い地域で、土地や建物の制約で浄化槽を設置できない、浄化槽の設置費用が高くて負担できない場合、大きなメリットのある選択肢です。

 

汲み取り式(ぼっとん便所)から水洗トイレへのリフォーム費用

汲み取り式(ぼっとん便所)から水洗トイレへのリフォーム費用は、浄化槽を利用するかどうかで大きく変わります。

 

トイレ部分の費用

トイレの水洗化にかかるリフォーム費用は、30〜80万円程度が相場です。
既存設備の解体処分、設置工事、段差解消工事、電気工事、クロス張り替え、床張り替え、設備購入代金などが内訳となります。

 

トイレ浄化槽の費用

浄化槽は設置するための費用は、90〜180万円程度が相場です。
浄化槽は高額ですが、補助金制度のある自治体も多く、浄化槽の大きなにもよりますが、30〜60万円程度の補助金が支給されます。

 

補助金は工事前に申請が必要なので、あらかじめリフォーム業者に相談してください。

 

押入れをトイレにリフォームする費用

高齢者で部屋から離れたトイレに行くのが困難な場合、押入れをトイレにリフォームするケースがあります。
こういった事例でのリフォーム費用は、60〜70万円程度が相場となります。
工期の目安としては、5〜7日間程度が必要です。

 

介護トイレへのリフォーム費用

介護用のトイレにリフォームする場合、バリアフリー化、手すりの取り付け、引き戸への変更など、通常のトイレでは必要のない工事が発生します。
どの程度の介護が必要かで、工事の内容も変わります。
リフォーム費用の目安としては、60〜100万円程度が相場です。

 

要介護1〜5に認定されている場合、介護保険の住宅改修助成制度を利用できるかもしれません。
条件に当てはまれば、支給限度基準額の20万円までなら、リフォーム費用の最大9割まで助成してくれる可能性があります。
あらかじめ、リフォーム業者に相談してみましょう。

 

トイレリフォームは補助金・助成金の利用をおすすめします!

トイレリフォームでも、補助金・助成金を利用することができます。
対象を簡単に紹介しますが、細かな条件もあるので、業者に確認することをおすすめします。

 

  • エコリフォーム(節水型トイレ)
  • バリアフリーリフォーム(和式から洋式便座へ変更等)

 

トイレリフォームに期間かかる期間は?

 

トイレのリフォーム期間は、工事内容によって異なります。
大がかりな工事になるほど、施工期間も長期化し、費用も高額になってきます。

 

工事内容 工事期間
便座の交換リフォーム 30分〜2時間
トイレの交換リフォーム 半日
内装まで含めたトイレリフォーム 1〜2日

機能性を高めるトイレリフォーム
(水洗化、バリアフリー化など)

2日以上

 

トイレリフォームならTOTO?LIXIL?費用は?

 

トイレのメーカーといえば、最大手のTOTO(国内シェア60%!)、次いでLIXILです。
その他にもPanasonic、ジャニス、タカラスタンダードなどがありますが、大手2社が圧倒的だと思います。

 

TOTOとLIXILのどちらが良いと言われれば、どちらでも問題ないので、好きな製品を選べば良いと思います。
費用を抑えたいのであれば、LIXILの方がお手頃な価格の製品が多いですね。

 

掃除のしやすさ、汚れ対策、臭い対策などは、それぞれ独自機能で常に進化していますし、一長一短です。
人気製品のカラーは、LIXILの方が豊富(2018年調査時点)なので、内装に合わせて色を選択するならホワイトのみのTOTOは厳しいかもしれません。

 

節水トイレへの交換リフォーム費用の事例、体験談

 

我が家のトイレがとても古くて、水道代がとてもかかるので、最新式の節水トイレにしたいと思って思い切ってトイレのリフォームをする事にしました。

 

トイレの便器だけを交換しようと持ったのですが、トイレの室内自体が古いのでとても汚くて清潔感が無いので、せっかく便座を新しくしても新しさが十分に見えないという事で、トイレの壁紙も合わせて交換する事にしました。

 

トイレのリフォームにあたっては業者さんに依頼する事としましたが、業者さんにリフォームの見積もりを出してもらったところ、総額で約30万円の費用がかかるとのことでした。
トイレが最新式の節水トイレを選んでいるので費用もそれくらい妥当な所だろうと思ってリフォームをお願いしました。

 

実際にお願いしてみて、トイレが新しくなると自動で水が流れてくれたり、使用する水量が少なくなって毎月の水道料金が安くなったりと助かることがたくさんあります。
トイレが綺麗になると気持ち的にも何かゆとりが出てきます。

 

節水トイレに変えると長期的に見るとかなりの家計節約になるのではないかと思えます。
リフォームの最初には出費がかさみますが、長く使えば十分元が取れるなと感じているところで、トイレリフォームはおすすめです。

 

トイレリフォームは費用の前に事例確認が重要!

 

トイレのリフォーム費用は、古いものから新しいウォシュレットに交換するだけと言った内容なら、それ程かかりません。
取り外しと、置き換えだけですみますからね。

 

トイレ本体にはメーカー希望小売価格が付いているものがありますが、実際にはそれよりも安い販売価格が付けられていることが殆どです。
安いトイレ本体なら、古い本体の処分費用も含めて、数万円ほどの金額でまるごと交換することが可能です。

 

ただし、トイレリフォーム費用の安さだけで業者を選ぶと失敗しかねません。
きちんと自社で施工をしている業者を選びたいところです。
工事を下請け業者に丸投げしているような場合、下請けに無理なコスト削減を求めていることがあり、工事の品質が悪くなる恐れがあります。

 

その他にも工事が終了した後で、見積もりからさらに追加費用を請求してくるリフォーム業者もあるので注意が必要です。
追加費用の心配がないリフォーム業者を選びたいところです。

 

施工会社の実績も大切なポイントです。
最近はホームページを開設している会社が殆どなので、事前にトイレリフォーム施工事例の画像を見ておくと良いでしょう。

 

その他にも、工事保証が付いていると、何かあった時に保証の範囲でリカバリーして貰えるので安心です。
複数のリフォーム業者から見積もりを貰って、工事内容と費用を比較すると安心できます。

リフォーム費用は業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

厳選された優良リフォーム業者への相見積もりで、断然有利です!

>>リフォーム費用の相場は?<<