MENU

押入れリフォーム費用の相場はどのくらい?

 

押入れをリフォームして有効活用する人が増えています。
水回りなどの工事と異なり、押入れリフォームは比較的安く、効果が大きいのが特徴です。
主な押入れリフォームをとしては、以下のような工事があります。

 

  1. クローゼットに変更
  2. ウォークインクローゼットに変更
  3. 書斎・机スペースに変更
  4. 本棚に変更
  5. ベッドに変更
  6. 襖紙の張替え

 

このページでは、それぞれの押入れリフォーム費用について解説しています。
ぜひ参考にしてください。

 

押入れをクローゼット・扉にリフォームする費用

押入れをクローゼットにリフォームする費用は、10〜20万円程度が相場となります。
中棚の撤去、壁と床の補修、棚やパイプの取り付け、クローゼット扉の取り付けといった工事が必要となります。

 

押入れの幅、天袋の有無、扉の選択で費用が異なります。
金額を抑えたい場合、折れ戸や開き戸ではなく、引き戸を選択しましょう。

 

押入れをウォークインクローゼット・扉にリフォームする費用

押入れをウォークインクローゼットにリフォームする費用は、20〜50万円程度が相場となります。
スペース拡張の有無、扉の選択で費用が異なります。

 

既存の押入れでは、ウォークインクローゼットとしては手狭になるケースが殆どです。
スペース拡張工事を行うと費用が大幅に増加するので注意が必要です。

 

押入れを書斎・机スペースにリフォームする費用

押入れを書斎・机スペースにリフォームする費用は、10〜20万円程度が相場となります。
書斎、勉強机、化粧台などにする工事例が多いですね。

 

押入れがある和室をフローリング化するなどのリフォームを同時に行った場合、30〜50万円程度が費用の相場となります。
和室を丸ごと洋室に間取り変更する場合は、別のページで解説しています。

 

参考:内装リフォーム費用の相場は?内装フルリフォーム金額の値段は?

 

押入れを本棚にリフォームする費用とDIY

押入れを本棚にリフォームする費用は、10〜20万円程度が相場となります。
中棚の撤去、壁と床の補修、棚やパイプの取り付け、扉の取り付けといった工事が必要となります。

 

DIYで押入れを本棚として使用するなら、キャスター式の本棚購入がおすすめです。
安いものなら1台あたり3000円程度で購入できます。

 

 

押入れを子供用ベッドにリフォームする費用とDIY

押入れを子供用ベッドにリフォームする費用は、10〜20万円程度が相場となります。
一般的な押入れは幅が1700mm程度で奥行き800mm程度なので、大人用には狭すぎますが、子供用であれば問題ありません。

 

簡単なものであれば、DIYでも可能です。
DIYの場合、15,000円程度の材料費でベッドにリフォームできるようですよ。

 

参考:https://izilook.com/2843

 

押入れの襖紙を張り替えるリフォーム費用

押入れの襖紙を張り替えるリフォーム費用は、1枚あたり2,000〜10,000円程度が相場となります。
襖紙のグレードによって金額が異なるので、予算に合わせて選択します。

 

押入れのリフォーム費用が格安の業者は?

押入れのリフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!
一括見積もりなら入力も簡単!無料で利用が可能!実際の費用が簡単に分かります。

 

厳選された格安優良業者への相見積もりで、費用も断然有利です!

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

 

リフォーム費用は業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

厳選された優良リフォーム業者への相見積もりで、断然有利です!

リフォーム費用の相場と目安は?