MENU

築年数別のリフォーム費用の相場・目安は?

築年数別のリフォーム費用の相場・目安は?

 

リフォーム費用は築年数が経過するごとに大きくなる傾向があります。
建物・設備は築年数によって劣化が進んでいくからです。

 

使用法や手入れによって見た目を保ち、寿命を伸ばすことは可能ですが、いずれリフォームは必要になります。
どんなに綺麗に使っていても、築年数が20年も経過すれば、殆どの設備はボロボロになってしまいます。

 

このページでは築年数ごとのリフォーム費用の相場・目安について解説しています。

 

築年数とリフォーム費用の相場

築年数とリフォーム費用の相場

 

以下は、築年数ごとのリフォーム費用の相場です。
どこまでリフォームするかは、家の広さや予算にもよるので、あくまでも参考程度にとどめてください。

 

築年数 リフォーム費用
1〜5年 約30万円
6〜10年 約80万円
11〜20年 約160万円
21〜30年 約200万円
30年〜 約300万円以上

 

築年数1年から5年のリフォーム費用の相場

築年数1年から5年のリフォーム費用の相場は、30万円程度が目安となります。
築年数1年から5年でリフォームする人は多くありません。
リビングに壁面収納を作ったり、新築時には行わなかった庭のフェンス・ウッドデッキを設置するなどの工事が多いようです。

 

築年数6年から10年のリフォーム費用の相場

築年数6年から10年のリフォーム費用の相場は、80万円程度が目安となります。
築年数6年から10年でも、交換より増設・新設の工事が多いです。

 

食洗器の設置、温水洗浄便座の設置、洗面台の鏡交換などの工事が多いようです。

 

築年数11年から20年のリフォーム費用の相場

築年数11年から20年のリフォーム費用の相場は、160万円程度が目安となります。
築年数11年から20年ともなると、水回りの交換工事が増えてきます。

 

キッチン、浴室、洗面台、トイレなどの水回り、ガス給湯器の交換、外壁や屋根の塗装工事などが多いようです。

 

築年数21年から30年のリフォーム費用の相場

築年数21年から30年のリフォーム費用の相場は、200万円程度が目安となります。
築年数21年から30年ともなると、水回りに不具合が生じているケースが増えます。

 

キッチン、浴室、洗面台、トイレなどの水回り、壁紙やフローリングの貼り換え、外壁や屋根の塗装工事などが多いようです。

 

築年数30年以上のリフォーム費用の相場

築年数30年以上のリフォーム費用の相場は、300万円以上が目安となります。
築年数30年ともなると、水回り全般、壁紙・フローリング、外壁・屋根など、大規模なメンテナンスが必要になってきます。

 

使い方にもよりますが、建具にも歪みが出てくる時期です。
新築時から30年も経過すれば、家族構成にも変化があるのが普通ですので、間取り変更も含め、フルリフォーム・リノベーションも視野に入ってくるでしょう。

 

築年数とリフォーム費用まとめ

築年数ごとのリフォーム費用の相場を紹介しましたが、どのくらい費用がかかるかは、家の広さや設備のグレードなどで大きく異なります。
家の劣化具合にも左右されます。
空室状態と居住しながらのリフォームでも、費用は違ってきます。

 

リフォームにはキリがないため、だいたいの相場を把握したら予算を決めることが重要です。
予算をオーバーするようなら、設備のグレードを落とすなどして調整しょうましょう。

 

施工会社によってもリフォーム費用は大きく違ってくるので、相見積もりを取得することも重要です。
当サイトでも、リフォーム費用の一括見積もりについて解説しているので、興味があれば参考にしてください。

リフォーム費用は業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

厳選された優良リフォーム業者への相見積もりで、断然有利です!

リフォーム費用の相場と目安は?