MENU

団地リノベーション費用の相場は?古い団地おしゃれリフォーム事例!

 

築40年超の古い団地をおしゃれにリノベーション・リフォームするのが、最近になって注目されています。
ここで言う団地とは、エレベーターのない5階建てなどの鉄筋コンクリート造の区分マンションのことです。

 

エレベーターがない、外観が古臭いなどの理由で人気がなく、特に4〜5階は驚くような安さで販売されている場合も少なくありません。
そういった団地の1室を購入して、おしゃれにリフォームする人が徐々に増えてきているのです。

 

かくいう私も、実際に3LDKの団地をリフォームした経験があります。
このページでは、そのリフォーム内容、かかった費用などを紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

団地おしゃれリフォームおすすめ事例と費用の相場

団地をおしゃれにリフォームするにあたって考えたコンセプトは、「カフェのような部屋」です。
更に、ざわざわ古い団地をリフォームする理由は「安さ」ですから、おしゃれでいて低価格なのは当然です。

 

もちろん、おしゃれにするだけではなく、住みやすさも重視しました。
以下、順番に解説していきますね。

 

団地おしゃれリフォームのポイント1.和室の洋室化

 

古い団地の場合、リビング以外の居室は和室になっていることが殆どですので、洋室化することが重要です。
和室を残す場合、リビングの隣1室を残すパターンが殆どですね。
全て洋室化した方がおしゃれですが、和室に寝転がって寛げるというのも捨て難いですよね。

 

和室を洋室化する費用は、一般的には50万円程度かかりますが、「床・壁・天井などをパッケージでリフォームするプラン」などでは、6万円程度の追加費用で床面の洋室化が可能です。

 

私もそういったプランでリフォーム会社にお願いしています。
パッケージ料金は、1uあたり25,000円で施工していただきました。

 

団地おしゃれリフォームのポイント2.押入クローゼット化の費用

 

団地の和室を洋室化したら、押入をクロゼット化します。
中断の仕切りを撤去、棚板とパイプハンガーに交換します。
押入内部を壁と同色にすることで、おしゃれになりますよ。

 

押入クローゼット化の費用ですが、棚板・パイプハンガー設置だけなら2万円程度の費用でできると思います。

 

押入の襖絵を木製引き戸に交換する場合、11万円程度の費用が必要です。
本格的な折れ戸に交換する場合、全部で25万円程度はかかりますが、引き戸でも十分おしゃれになると思いますよ!

 

団地おしゃれリフォームのポイント3.床の貼り換え

 

古い団地をおしゃれにリフォームする際、もっとも重要なのが床・壁・天井の貼り換えです。
部屋の印象は、これで決まります。
理由はいたって簡単で、目に入る面積が圧倒的に広いためです。

 

今回の事例ではウッド調のフロアタイルを床に上貼りしました。
貼り換えではなく上貼りにすることで費用を節約できます。

 

ウッド調のフロアタイルは塩ビ素材ですが、一見してフローリング材にしか見えませんし、汚れ・傷にも強く、部分張り替えも可能な新素材です。
古い団地の床とは思えない程おしゃれにリフォームできますよ。

 

団地おしゃれリフォームのポイント4.壁・天井・建具の全面塗装

 

古い団地ですので、壁紙・クロスの貼り換えは必須です。
今回の事例では、おしゃれに仕上げるためにクロスの貼り換えではなく、クロスを剥がして壁・天井をホワイトクリーム色に全面塗装しました。

 

ありきたりな量産クロスではなく、ヨーロッパのアパートメントのような壁面・天井塗装で温かみのある空間になったと思います。

 

壁・天井を塗装する際に重要なのが、建具も一緒に塗装するということです。
建具も同時に塗装することでデザインに統一感が出るため、おしゃれさが増すというわけですね。
こういった施工もパッケージに含まれていたりするので、追加費用はかかりません。

 

団地おしゃれリフォームのポイント5.デザイン照明の設置

 

デザイン照明を効果的に使用すると、団地が断然おしゃれになりますよ!
おしゃれ照明の御三家、レールライト、ダウンライト、ペンダントライトを場所に応じて使い分けましょう。
レールライトやダウンライトはリフォーム屋さんに設置して貰う必要がありますが、ペンダントライトなら自分でも取り付けられます。

 

団地おしゃれリフォームのポイントとしては、リビング部分にレールライト、ダイニング部分にペンダントライトを使うといいと思います。
おしゃれ照明は高いので、居室は普通のシーリングで妥協するのも「アリ」ですね。
安くておしゃれな照明はIKEAで購入できますよ。

 

団地おしゃれリフォームのポイント5.ウォシュレット・小物の設置の費用

 

最後に、団地をおしゃれにする小物のポイントを紹介しますね。
まず、玄関には姿見ミラーを設置しましょう。
面積も大きい姿見ミラーを設置することで玄関が広く感じますし、お出かけ前の服装チェックにも必需品ですよね。

 

トレイ便器を交換しない場合でも、便座にウォシュレットを設置するだけでかなり見違えます。
トイレットペーパーホルダーやタオル掛けにデザイン性の高いものをチョイスするとおしゃれになりますよ。
古い団地はトイレに収納がない場合も多いので、最低でも棚を取り付けてもらうと便利ですね。

 

団地おしゃれリフォームのポイント6.モニター付インターフォン

 

古い団地にはオートロックなどは当然ありませんので、セキュリティ対策が必要です。
なので、モニター付インターフォンを設置しましょう。
玄関を開ける前にモニター付インターフォンで訪問者を確認できるので、団地をリフォームするなら絶対に設置することをおすすめします。

 

費用は安いもので25,000円程度です。
インターホンの配線が存在しない場合でも、無線式モニター付インターフォンの設置は可能です。

 

団地をおしゃれにフルリフォーム・リノベーションする費用の相場は?

 

団地をおしゃれにリフォームする際、ケチケチせずに流行りのリノベーション(スケルトンリフォーム)すると、一体いくらかかるのでしょうか?
2LDKのリノベーション費用は、大体500万円〜900万円が相場の目安です。
3LDKのリノベーション費用は、大体700万円〜1200万円が相場の目安です。

 

結構かかりますよね?

 

こんなに掛かるとなると、古い団地じゃなくても・・・という気持ちになりますよね。
なので、残せる所は残してながら現在の生活に合うように、更にはおしゃれにリフォームできるよう知恵を使いましょう。
今回、紹介した事例では、3LDK・70uの団地をリフォーム、かかった費用は250万円です。

 

キッチンは新品に交換しましたが、それ以外の水回りについては既設のものをクリーニングして使用しています。
プロのクリーニング業者の頼めば、けっこう綺麗になるのですよね。

 

 

もちろん、予算に余裕があれば新品の方が良いに決まっているので、あくまでも参考ということでご承知くださいね。
それでは団地おしゃれリフォーム、頑張ってください!

リフォーム費用は業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

厳選された優良リフォーム業者への相見積もりで、断然有利です!

リフォーム費用の相場と目安は?