MENU

介護・バリアフリーリフォーム費用の相場と見積もりのコツ!

 

介護リフォームの費用は、現在の住宅の状況によって大きく異なります。
まったくバリアフリー化されていない場合などで、全てをバリアフリー化しようとすると、高額な出費が必要になってきます。

 

介護リフォームは、工事が必要な部分の優先度を決め、予算を考慮しながら計画を立てましょう。
介護する人、される人、それぞれの住宅事情、将来の展望など、家庭ごとに考え方も異なります。

 

このページでは、介護リフォーム費用の相場の目安、補助金、助成金などについて解説しています。
ぜひ参考にしてください。

 

介護保険のリフォーム費用の補助金

 

介護リフォーム費用の補助金は、要介護者が住み慣れた自宅で暮らせるように、介護保険から住宅改修費を支給する制度です。

 

正式には、高齢者住宅改修費用助成制度という名称で、最大18万円(工事費用20万円の9割)が支給されます。

 

リフォーム費用の補助金は、他の介護サービスの支給限度額には含まれないので、月々の限度枠を気にする必要はありません。

 

介護保険のリフォーム費用の補助金の対象者

支給条件は以下の通りです。

 

  • 要支援もしくは要介護に認定されている。
  • 改修する住宅の住所が利用者の被保険者証の住所と同一、利用者が実際に居住している。
  • 利用者が福祉施設に入居中、病院に入院中ではない。
  • 助成額の限度は1人1回、工事費用20万円(支給額は18万円)
  • 住民登録地の1つの住宅につき原則1回限りの支給。(要介護者が複数いる場合を除く)
  • 要介護度が3段階以上上がると、1人1回に限り再度20万円まで給付可能。

 

介護保険のリフォーム費用の補助金の対象工事

支給対象となる工事は以下の通りです。

 

  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 床材または通路面の材料の変更(転倒防止)
  • 引き戸への扉の取り替え
  • 洋式便器などへの便器の取り替え
  • 上記の改修に伴い必要になる工事

 

介護保険のリフォーム費用の申請の流れ

補助金申請から支給までの流れは以下の通りです。

 

  1. 介護認定
  2. ケアマネージャーに相談
  3. リフォーム業者と契約
  4. 市区町村に書類提出(住宅改修費支給申請書、住宅改修理由書、見積書・図面、改修前の写真)
  5. リフォーム工事の施工・完成
  6. リフォーム業者に支払い
  7. 市区町村に書類提出(改修後の写真、領収書、工事内訳書)
  8. 住宅改修費の支給

 

介護リフォーム費用の相場の目安

 

介護リフォームの工事場所ごとの費用の相場を紹介します。
目安として参考にしてください。

 

手すりの取り付け介護リフォーム費用の相場

手すりの設置を単独で施工する場合のリフォーム費用は、大体10万円未満が目安となります。
寝室などに短い手すりを取り付ける場合の例では、1万円から設置可能ですが、種類、長さ、個数によって異なります。

 

玄関のバリアフリー介護リフォーム費用の相場

玄関のバリアフリー工事のリフォーム費用は、大体20〜30万円程度が目安となります。
手すり設置を施工する場合は6〜10万円程度、車椅子用の昇降機設置は30万円程度の追加が必要です。

 

風呂のバリアフリー介護リフォーム費用の相場

風呂・浴室のバリアフリー工事のリフォーム費用は、大体20〜30万円程度が目安となります。
手すり設置を施工する場合は3〜5万円程度、折り戸変更は7万円程度、リフト設置は30万円程度、浴室拡張の場合は40万円程度の追加が必要です。

 

トイレのバリアフリー介護リフォーム費用の相場

トイレのバリアフリー工事のリフォーム費用は、大体10〜20万円程度が目安となります。
手すり設置を施工する場合は6〜10万円程度、引き戸変更は10〜20万円程度、洋式便器への変更は20万円程度、トイレ拡張は10〜30万円程度の追加が必要です。

 

介護・バリアフリーリフォーム費用の見積もりのコツ!

介護リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積もりサイトの利用が便利です!
一括見積もりなら入力も簡単!無料で利用が可能!実際の費用が簡単に分かります。

 

厳選された格安優良業者への相見積もりで、費用も断然有利です!

 

>>公式サイトで詳細を確認<<

 

お風呂にリフトを設置する介護リフォーム体験談

 

私は以前、祖母の介護のために家をリフォームした経験があります。
その時には、プランの内容の豊富さに驚いてしまいました。

 

介護のための増改築というとどうでしょうか?
真っ先に家の中の段差を無くすバリアフリーが思い浮かぶと思います。

 

それ以外にも、例えばお風呂場に車椅子で要介護者を連れていって専用のリフトに座らせたあとは、ボタンひとつで動いて浴槽に入浴させる機械まで、一般家庭向けに販売されているのです。

 

その気になれば病院や老人ホーム顔負けの環境に、一般家庭をリフォームすることができるわけです。

 

実際に浴室の工事を行い介護用リフトを我が家でも導入したのですが、今までは濡れた床で足を滑らせないように注意しながら人力で祖母を浴槽に運んでいたのが、工事が終わってからは非常に安全かつ楽に入浴させることができるようになりました。

 

あまりの便利さに感動してしまいました(笑)

 

こういった介護用リフトの導入を含んだリフォームで考えなければならないのが、導入費用と、こういった機械が残念ながら必要なくなった後のことでです。

 

専門の機械というのは、使用している間は便利ですが、必要なくなると場所をとるだけの邪魔物に一変してしまいます。

 

そういった事情を考慮してなのか、プランとして機械を設置するためのスペースの都合で浴室のリフォームは必須ですが、機械そのものはレンタルで費用を安く済ませるというプランも存在しました。

 

入浴補助は人力ではどうしても危険な部分も多いので、家族を介護している人は思いきってリフトの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

バリアフリー介護リフォーム体験談

 

事情があって、急いで中古住宅を購入したので、使い勝手がいいとは言えない家でした。
ようやくローンが終わったとき、これから両親が高齢になってゆくことも考えて、バリアフリーにリフォームすることを提案しました。

 

母は乗り気でしたが、父は大反対。
昔から「変化」を嫌う人で、新しい服なども、文句ばかり言って、なかなかリフォームに賛成してくれません。

 

「何でバリアフリーの必要がある」「仮住まいなどわずらわしい」「このままで充分」。
ふてくされ、すねまくっているのを、母と私は無視して強行しました。

 

それが可能だったのは、父より母の方がリフォーム費用のためのお金を持っていた、というのが大きいです。

 

とはいえ、有り金はたいてしまうのも怖く、工務店の方とも何度も話し合って、ほぼ半分の面積のみのリフォームになりました。

 

台所と四畳半の和室、広縁、廊下……と細かく仕切られていた空間を、広いLDKに。
そして、両親の部屋を和室から洋室(フローリング)にして、布団生活からベッド生活に切り替えたのです。

 

そのときついでに、天井や壁に断熱材を入れてもらったので、家事動線がいいだけでなく、冬暖かく夏涼しい、快適な家になりました。
手を入れなかった半分は、私の寝室と仏間なので、じゅうぶん満足できる結果でした。

 

父はぶすっとしていましたが、さすがに家出することもなく、だんだんリフォーム後の新しい間取りにもなじんでくれました。
ところが昨年、父は自転車で事故に遭い、大たい骨骨折で要支援2の身の上に。

 

段差を無くし、あちこちに手すりをつけ、車椅子でも入れるトイレにしておいて、本当によかったです。
母と私は、毎日のように、父に向かって「バリアフリーにしといて良かったね!」と言っています。

リフォーム費用は業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

厳選された優良リフォーム業者への相見積もりで、断然有利です!

リフォーム費用の相場と目安は?