MENU

リフォーム費用の補助金の種類と補助金額は?

 

リフォーム費用がちょっとだけ足りない。
そんな時は各自治体や国のリフォームに対する補助金を使ってみてはいかかでしょうか。

 

代表的なリフォーム補助金には省エネ構造住宅にリフォームする際の「エコリフォーム補助金」、各自治体の業者に発注することや、何年かその自治体に居住している人が対象の補助金もあります。
上手に活用していきましょう。

 

各自治体により補助金の要件や金額など大きく変わってくるので、役所やホームページで事前によく調べることをお勧めします。
このページでは概要について解説しているので参考にしてくださいね。

 

リフォーム費用の補助金の対象

リフォーム費用の補助金については複数の制度がありますが、申請の時期が定められていたり、対象となる工事が指定されています。
補助金を上手に活用するには、施工会社に相談するのが一番間違いがありません。

 

以下は、補助金の一覧です。

  • 介護保険
  • 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業(断熱リノベ)
  • 次世代省エネ建材支援事業(次世代建材)
  • ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業
  • 地方公共団体の補助金制度

 

リフォーム費用の補助金その1.介護保険

介護リフォーム費用の補助金は、要介護者が住み慣れた自宅で暮らせるように、介護保険から住宅改修費を支給する制度です。

 

正式には、高齢者住宅改修費用助成制度という名称で支給されます。
リフォーム費用の補助金は、他の介護サービスの支給限度額には含まれないので、月々の限度枠を気にする必要はありません。

 

補助金の対象工事 補助金の金額

手すりの取り付け
段差の解消
滑りの防止や移動円滑化のための床材・通路面の材料の変更
扉を引き戸へ取り替え
洋式トイレへの変更
便器の位置変更

上限20万、工事費用の7〜9割を支給

 

リフォーム費用の補助金その2.高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業

一戸建て・マンションなどの住宅で、高性能建材を使用して断熱リフォームする際の補助金です。
一戸建てについては、家庭用蓄電システムや家庭用蓄熱設備の設置工事も対象に含まれます。

 

補助金の対象工事 補助金の金額

断熱材
断熱用の窓
断熱用ガラス
を使用したリフォーム工事

一戸建ては120万円
集合住宅は15万円
を上限に対象費用の3分の1以内を補助

 

リフォーム費用の補助金その3.次世代省エネ建材支援事業

一戸建て・マンションなどの住宅で、高性能建材を使用した断熱リフォームにあわせて調湿建材も施工する際の補助金です。

 

補助金の対象工事 補助金の金額

断熱パネルの設置
潜熱蓄熱建材の設置

一戸建ては200万円
集合住宅は125万円
を上限に対象費用の2分の1以内を補助

 

リフォーム費用の補助金その4.ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業

外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅に改修する場合のリフォーム補助金制度です。

 

定置型の蓄電システムを設置する場合は最大20万円の追加補助

補助金の対象工事 補助金の金額

断熱リフォーム
床下冷熱利用システム
エコキュートなど高効率給湯器の設置
太陽光発電システムの設置


70万円(定額)

 

リフォーム費用の補助金その5.長期優良住宅化リフォーム推進事業

一定の耐震改修又は一定の省エネ改修工事と併せて行う一定の耐久性向上改修工事を行う場合のリフォーム補助金です。
工事前に住宅診断を行うことが必須条件です。

 

補助金の対象工事 補助金の金額

断熱リフォーム
耐震リフォーム

100万円〜250万円を上限に対象費用の3分の1以内を補助
3世代同居のためのリフォームは最大50万円の追加補助

 

リフォーム費用の補助金その6.地方公共団体の補助金制度

居住している地域によっては、地方公共団体によるリフォーム補助金を利用できる場合があります。
詳細については、以下のサイトで検索できますので確認してみてください。

 

参考:http://www.j-reform.com/reform-support/

リフォーム費用は業者で料金が大きく違います。

丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前です。
とは言え、どうせなら少しでも、できれば一番安い方が良いに決まってますよね。

リフォーム費用で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

厳選された優良リフォーム業者への相見積もりで、断然有利です!

リフォーム費用の相場と目安は?