洗面台のリフォーム費用はいくらかかる?

 

洗面台のリフォームを考えるとき、どの程度の費用がかかるか気になります。
やはり水回りになるので、選ぶ設備によって金額は大きく左右されることになります。

 

洗面台のリフォームを考えるような場合は、パイプが壊れて水漏れしだしたというようなケースでしょうか。
それ以外だと、古くなってきたため新しくしたいからという理由が多いようです。

 

一言に洗面台のリフォーム費用といってもグレードによってかなり価格も変わってきます。
洗面台だけではなく、周りのクロスや床材も張り替えが必要になったりする場合もあります。
こういった場合は、一部屋丸々の工事になりますので、やはり金額的に大きくなってきます。

 

一般的に現在の住宅で設備を交換する際の洗面台リフォーム費用ですが、平均として約20万前後という価格が一般的なようです。
これは、設置工事を含めての金額です。
ですがシンプルなタイプの洗面台ですと10万以下の場合もあります。

 

この価格でもしっかりとした基本的な機能はついていて、手軽に洗面台をリフォームすることができます。
この価格は、本体の価格と設置代金なのですが、ここに床や壁紙を張り替えするとなると追加として費用がかかります。

 

洗面台の大きさが変わったりするとその部分の壁や床だけが色が違ったりするので、どうしても気になる場合があります。
また大きさが変わらなかったとしても、横にキャビネットを置く方も多く、その分の費用も必要になる場合もあります。
まずは自宅の洗面台のサイズを測り、そこに設置できるものでグレードなどを選んでみてください。

 

洗面台リフォームの関連費用は?

 

毎日使う洗面台が見づらい、使いにくい、古くて汚い。。
そんな感じであれば、新しいものを購入して、すっきりと綺麗にさせたいのではないでしょうか。
洗面台のリフォーム費用に関しては、どのような商品を選ぶかで金額が大きく左右されますが、それだけではありません。

 

単に古い洗面台だけの撤去、そして新設というだけで収まるのであれば、それほど大きな費用はかかりません。
ところが、それに伴い、ひょっとしたら土台部分の補修とか、壁のクロス、また水道の排水の配管工事が必要になることさえあります。
ですから商品そのものの費用はそれほどではなくても、施工費用がかかってしまう可能性があることを覚えておく必要があります。

 

特に洗面台というのは水廻りですので、長年使っていた洗面所というのは、床が不安定であったり、湿気によりいろいろな部分がダメージを受けていることがあります。
選んだ商品が少し大きめだと、壁の工事をしてリフォームしながら設置するということも必要になってきます。
簡単な工事では終わらないことも多々あります。

 

そうしたことを考慮して、おおよその目安としては、洗面台が10万円ほどのものを購入しようとすると、それ以外に工事費として10万円くらいを予想しておきましょう。
だいたい20万円前後かもしれません。

 

後は、その洗面所をどのくらい綺麗にするかに掛かってくることになります。
単に設置だけであり、それほど補修を必要としないということであれば、もっと安く済ますことができます。
そのあたりは業者との見積もりと予算との相談になります。

 

リフォーム会社で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

 

厳選された優良業者への相見積もりで、費用も断然有利です!

 

洗面台のリフォーム費用はいくらかかる?記事一覧