壁紙(クロス)の張替えリフォーム費用はいくらかかる?

 

中古住宅を購入したので、壁紙(クロス)を張替えリフォームを行いました。
その壁紙がエンジ色で、しかも布張り。
さらにエンボスで唐草模様がありました。

 

そこは、洋間の応接間で、住宅ローンもありできれば我慢しようかと思いましたが、西部開拓時代のバーにでもいるようで落ち着かず、費用はかかるものの、壁紙(クロス)を張替えリフォームすることにしました。

 

費用を見積もってもらったところ、古いものですので簡単にははがれず、またエンボスになっているので、その上から張替えることは無理だと言われました。

 

そこで、壁紙(クロス)はそのままにして、上から板を貼り付けることになったのですが、作業は簡単にははかどらず、板張りをするだけで午後から始めたのに夜の10:00近くまでかかってしまいました。

 

それというのも、部屋が真四角というわけではないので、細かく板を切ったりしなくてはならないため、作業時間がかかったのでした。

 

作業は1人で進行したため難しかったのでしょう。
板張りが仕上がって後、壁紙(クロス)を張替えてもらいました。

 

ビニール系素材で汚れが拭き取りやすいような素材にしました。
色はアイボリィ。

 

リフォーム費用は板張りに25.000円。
壁紙(クロス)の張替えに20.000円で合わせて45.000円支払いました。
業者は家を購入した不動産会社の紹介でした。

 

工務店は、もう少し上乗せして欲しい様子でしたが、リフォーム費用の見積もりが甘かったのでそのまま責任を取ってもらいました。

 

壁紙リフォーム費用は55.000円かかった!

 

中古住宅を購入し、引越ししてきて応接間の壁面をリフォームしました。
この壁色が別珍のような赤色。

 

予算もないので我慢しようと思っていましたが、この赤の壁に囲まれた部屋に入る気がしないですし、古い壁紙なので清潔でもありません。
どうしようもないので、リフォームすることにしました。

 

ところが、職人さんに費用の見積もりに来てもらったところ問題があるとのことでした。
壁紙がはがれないのです。
昔の製品なので、はがれるようにできていないとの事でした。

 

そこで、やむを得ず、現在の壁の上から全面的に板を貼ってしまって、その上に壁紙を張ろうという工法を取ることになりました。

 

見積もりは板貼張りのリフォーム費用に30000円。
壁紙のリフォーム費用25000円になりました。

 

ところが、この板貼りは部屋が真四角ではなく凹凸があったので、手仕事で直していかなければならず、大変な作業になりました。
午後一番で始めてもらったのですが、終了したのは夜の10時近くでした。

 

職人さんは一人。間に仲介に入った不動産会社の担当者が壁や壁紙の知識が不足していて、かえって混乱するということがありました。

 

例えば、壁紙を貼るために端に数ミリの隙間を取るのは当たり前らしいのですが、それを知らないために板を貼る職人さんはやり直しをさせられるし、数ミリの隙間がないためにクロスを貼る職人さんは、クロスを逃がす所がなく、少しも狂いのない仕事をしなければならなくなるという按配です。

 

壁紙はアイボリーできれいに仕上げてらえました。
アイボリィのクロスは、既にベージュ色に日焼けをしてしまいまして、改めて過ぎ去った歳月を数えるこの頃です。

 

リフォーム会社で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

 

厳選された優良業者への相見積もりで、費用も断然有利です!

 

壁紙(クロス)の張替えリフォーム費用はいくらかかる?記事一覧