トイレのリフォーム費用はいくらかかる?

 

トイレのリフォーム費用は、古いものから新しいウォシュレットに交換するだけと言った内容ならそれ程かからないです。
取り外しと、置き換えだけですみますからね。

 

トイレ本体にはメーカー希望小売価格が付いているものがあります。
実際にはそれよりも安い販売価格が付けられていることが多いです。

 

安いトイレ本体なら、古い本体の処分費用も含めて、数万円ほどの金額でまるごと交換することが可能です。

 

下請けに回しているとその下請け業者に無理なコスト削減を求めていることがあり工事の品質が悪くなる恐れがあります。

 

ただトイレリフォーム費用の安さだけで選ぶと失敗しかねません。
きちんと自社で施工をしている業者を選びたいところです。

 

その他にも工事が終了した後で見積もりからさらに追加費用を請求してくるリ業者が見られるので注意が必要です。
見積もりと支払総額が同じリフォーム業者を選びたいところです。

 

さらに施工業者の実績も大切なポイントです。
最近の業者ではホームページが開設されていますので事前にトイレリフォーム施工事例の画像を見ておくと良いです。

 

その他にも工事保証が付いていると何かあった時に保証の範囲でリカバリーして貰えるので安心です。複数のリフォーム業者から見積もりを貰って比較するとなお良いです。

 

トイレリフォーム費用の調べ方

 

水周りは、長く使うと水回りが悪くなるため悪臭が発生しやすくなります。
周囲の部屋などに不快な臭いが拡散するためリフォームをして防ぐ必要があります。
トイレは水などを使うため臭いが発生しやすいため快適に使えるようにすることが求められます。
必要に応じて工事を依頼することが重要です。

 

トイレリフォームを依頼する時は、業者の内容を確かめて信頼や実績があることを確認し、かかる費用や作業内容を確かめて満足ができる方法を探す方法が望ましいです。

 

かかる費用は業者によって異なり、事前に相場を確かめて決めると負担する金額を少なくすることができます。

 

トイレのリフォームをするための段取りの決め方は便器の交換だけではなく水回りの改善をすることが重要で、水道管の状態を確かめ悪臭が発生する原因になるつまりなどを除去する必要があります。

 

快適に使えるように定期的にチェックをすることを心がけ、異臭が発生することや不具合などが起きると業者に相談して今後の対処方法を考える方法が望ましいです。

 

トイレリフォームをするためにかかる費用の調べ方は複数の業者に一括見積もりをすると相場が確認できます。
内容や利用者の口コミなどで信頼や実績があることを確かめて決めると最適な方法を探せます。

 

トイレのリフォームにかかる費用

 

長年住んでいるとトイレも新しくしたいと感じるようになってきます。
毎日使う場所なので、使いやすいだけでなく、清潔で癒しの空間であってほしいものです。
ではトイレのリフォーム費用にはいくらぐらいかかるものなのでしょうか。

 

まず、内装・便器はそのままで便座だけを温水洗浄機能付き便座(ウォシュレットなど)に交換する場合は、工事代金を入れて10万円以下で済みます。

 

ただし、温水洗浄機能付き便座は電気を使うため、コンセントを新設しなくてはいけない場合はさらに工事費用がかかります。

 

便器そのものを取り換える、床材や壁紙を交換する、手洗いカウンターを取り付けるなど、一般的なトイレリフォームをする場合は50万円程度かかります。

 

和式を様式に変えるなどもこの価格帯になります。
水洗か汲み取り式か、段差はあるかなど様式によって、費用も変わります。
タンクレスは、タンクがない分トイレの中が広く使えるのという利点があります。

 

ただ、手洗いカウンターを新たに設置する必要があります。
トイレのリフォームは新しい便器をどんなものにするか、どこまでのリフォームをするかで工事費用は大きく変わってきます。

 

ネット上で特価で販売されている便器を購入し、施工だけ業者に頼むという方法もあります。

 

トイレリフォームは便器以外の部分にも注意

 

トイレをリフォームする場合には、割と高額な費用がかかることもあります。
大部分は便器ですが、中にはそれ以外の場所にもお金がかかります。

 

費用がかかるというか、お金をかければそれ以外の部分も一緒にリフォームできるのです。
それがトイレの中の壁や床です。
こういった場所も同時に綺麗にすれば、便器だけじゃなくて、トイレの部屋全体が綺麗になります。

 

しかし、壁や床も同時にリフォームする場合、意外と費用がかかるので注意です。
便器本体にお金がかかるのはある程度想像がつくでしょう。
最新鋭の機能がついたものを選ぶと、それなりに高い費用がかかります。

 

しかし、一見すると安そうな壁や床のリフォームに関しては、これは業者によっても差がありますが、数万円程度はかかることがあります。

 

壁紙とかを変えるだけなのですが、それだけでも結構かかることはありますから、実際に値段を聞くとちょっと迷うこともあるかもしれません。

 

壁や床は絶対にリフォームしないといけない場所ではないと思います。
ですので、お金に余裕があればついでやってもらっても構わないと思います。

 

しかし、リフォームの予定を立てるときに、当初トイレの壁や床も含めて全体を施工してもらおうと思っていた場合には、意外とかかる事を踏まえて考え直したり、業者選びにおいて費用面を考慮して選んだり、そういったことが必要になると思います。

 

リフォーム会社で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

 

厳選された優良業者への相見積もりで、費用も断然有利です!

 

トイレのリフォーム費用はいくらかかる?記事一覧