リフォームで建物の耐震性を高めるためのポイントは?

 

リフォームで建物の耐震性を増すためには、耐震診断の結果を基にして補強するべきポイントを見つけ出し、それぞれの箇所に応じた適切な処理を行うことになります。
まずは基礎の補修があります。
この工事では、コンクリートのひび割れを補修します。

 

このリフォーム工事ではクラックと呼ばれるひび割れの部分にプラグを取り付け、そのプラグを通して樹脂を注入していき、クラックを塞いで耐震性を高めるというものです。
鉄筋の入っていないコンクリートの基礎に、鉄筋コンクリートの基礎を補強して一体化する工事もあります。

 

耐震性の高い家をつくるためには、建物の壁をリフォームで補強する必要があります。
補強の方法としては、梁と土台の間に筋交いを入れて補強する方法、構造用合板を使った耐力壁をはめ込む方法、窓を減らして壁を増やす方法などがあります。

 

ただし建物の重心を損なわないように、適切な箇所を補強する必要があるのです。
土台や柱下がシロアリの被害を受けたり、腐朽したりしている場合には、土台を取り替えたり、柱根継ぎを行うことや、柱が引き抜かれることがないように補強金物で基礎に直結させることも大切です。

 

屋根が重いと建物全体の重心が高くなり、揺れが大きくなります。
そのため、重量のある屋根を軽量コンクリートやスレートに取り替えるというリフォーム工事も耐震性を高めます。

 

リフォーム会社で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

 

厳選された優良業者への相見積もりで、費用も断然有利です!

 

リフォームで建物の耐震性を高めるためのポイントは?記事一覧