中古マンションのフルリフォーム費用の相場は?

 

古くなった戸建住宅やマンションをリフォームするとき、一体どれくらい費用がかかるのか見当をつけないとどうにもなりません。

 

もちろん部分リフォームとフルリフォームでは、価格に雲泥の差がありますが、実態はどうなのでしょう。
料金比較サイトなどから調べてみました。

 

マンションリフォーム額の平均相場は、住宅リフォーム推進協議会の住宅リフォーム年表2016年度版でフルリフォームが869万円、部分リフォームが132万円となっています。

 

フル、部分を合わせた総工事額は築10年未満が100万円ほどなのに対し、築20年以上になると200万円を超え、老朽化に伴うフルリフォームの比率が高まっていることが分かります。

 

大手工事会社だと3LDKのフルリフォームで800万円を目安にしているところが多いようです。

 

部分リフォームの場合、浴槽の交換は30〜40万円から、ユニットバスの新調になると100〜200万円は必要でしょう。

 

システムキッチンの交換は50万円ほどからですが、新たに造作するとなれば100万円以上は最低見ておいた方が良さそうです。

 

クロスやフローリングの張替えだと、10〜70万円と部屋の広さによってかなり差が出てきます。
ドア交換はおおむね15万円前後から。こちらも高級ドアだと50万円ほどかかるものもあります。

 

屋根の張替えは30万円前後からですが、補修工事も含めると50万以上かかりそうです。

 

屋根全体をふき替えると、100〜200万円ぐらいが相場になってくるでしょう。
庭に芝を張りつけたときは1平方メートル当たり5000〜1万円必要になります。

 

リフォーム会社で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

 

厳選された優良業者への相見積もりで、費用も断然有利です!

 

中古マンションのフルリフォーム費用の相場は?記事一覧