リビングのフローリング張替リフォーム体験談。

床がウッド調のフローリングで色が暗めだったので、思い切ってホワイトカラーのフローリング張替のリフォームしてみました。
白は汚れやすいかなと心配していましたが、思ったほど汚れを気にせずに生活しています。
フローリングが白くなっただけで部屋全体が明るくなってどんなカラーのカーテン、家具でもコーディネート出来るようになりました。

そういえば海外の映画に出てくるインテリアって白を基調とした部屋に派手めな家具やカーテンでコーディネートした斬新なインテリアが多いなと思いました。
実は私もずっとそんなおしゃれな部屋に憧れていたので、これを機にカーテンをパープルカラーに変えて、家具もインパクトのあるカラーやデザインの物に変えようと思います。
こういった事が可能なのも、全ての色を受け入れる白という色のキャパシティの広さのおかげだと思っています。

フローリング張替のリフォームだけで20万円程費用が掛かりましたが、床が変わっただけで違う家にいるみたいな不思議な感覚を味わう事が出来ました。
白い床に鮮やかなパープルがすごく映えてかっこいいです。
私もこれを機会に意識を変えて、このお部屋に負けないようにファッションにメイクにとおしゃれに気を配って生活していきたいと思いました。

フローリング張り替えリフォームは相見積もりで費用相場を確認しよう!

フローリングをリフォームしたいという場合には、まずは見積もりをしてもらうと良いと思います。
しかも複数社にです。
そうやって、いくつかの会社にフローリング張り替えのリフォームの見積もりをしてもらえれば、だいたい費用の相場が見えてくるはずです。

その相場から著しく安い業者があれば、そこにお願いをしたくなりそうですが、ちょっと考えてもらった方が良いです。
というのもフローリング張り替えのリフォームは床になります。
床というのは、人間が生活していく中で1番触れる機会が多いです。

しかもそれは歩くときで、体重が思いっきり乗っています。
例えば、床は壁などと違って、重い負担がかかりやすく、かつそれが毎日起こります。

ということは、床の劣化のスピードは早いということですから、あまりにも安い費用でリフォームしてくれるという会社は、使っている材料なども安くなりがちということで、やはりより後々不備が生まれやすくなる可能性も秘めているのです。

家の中にいるときには、常にどこかの床の上にいるわけですから、他の箇所と比べて、どうしても床は劣化しやすい場所と言えます。
だから、費用面に関してもある程度妥協して、耐久性の高い材質のものを使ったフローリング張り替えのリフォームをしていくと良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA