ユニットバスへのリフォーム費用はいくらかかる?

最近の浴室は、ユニットバスが主流です。
密閉性があり冬は暖かく、手入れのしやすさや整った設備、またお洒落な空間が人気の理由です。
古い浴室の場合は在来工法が一般的でしたから、ユニットバスへのリフォームを検討されているお宅も多いかと思います。

しかしユニットバスへのリフォームは全面的な工事になるため、その費用が気になりますよね。
今回はユニットバスへのリフォーム費用について、その相場をご紹介します。

ユニットバス本体の価格はメーカーやグレードによって大きく異なりますが、シンプルなタイプの定価では60万~70万円程度です。
グレードが高いものは120万円~160万円程度です。
多くの場合この定価から割引されますから、相場ではシンプルなものは40~50万円前後、ハイグレードなものなら110万円~120万円前後といった感じです。

この本体価格の他、各種の工事費用が加算されます。
その費用の相場はおおよそ30万円前後になっています。
在来工法からユニットバスへのリフォームの場合は、この工事費用以外に基礎工事はじめ、解体の費用が発生することもあります。
その費用は、浴室の状態によって5万円~10万円程度を見ておくと良いでしょう。

以上のように、在来工法の浴室からのリフォームとユニットバスからのリフォームでは費用が若干違いますが、大まかな予算の相場としては70万円~160万円となっています。
ユニットバス本体のグレードやメーカーで費用が大きく異なりますから、リフォームの際には各社の製品比較や業者の見積もり比較をして、予算や希望に合わせた浴室リフォームを実現しましょう。

給湯の配管と水道直結型の電気温水器の取替工事の費用は?

先般、灯油式の給湯設備から経年劣化で水漏れ(実際はお湯もれ)が発生してしまいましたので給湯器を交換いたしましたし、序に給湯の器具、配管も新しい物に取り替えました。

さて、私達が家庭においても職場においても、所謂、日常生活を営むところにおいては、絶対と言っていいほど水やお湯というのは欠かせないものです。
その中には飲料水を始め、調理用の給水、洗面用、それに給湯設備もその部類にはいります。

これらの給水や給湯設備、それに配管部分は長い間には劣化が起こり、水垢による詰まりや破損、それに鉄製の場合は錆が発生して水漏れを起こします。
実は、我が家では給湯設備として、水道直結型の灯油式の温水器を使用していましたが、これが遂に破損してしまったのです。

現在の灯油式の温水器は直結型で便利ですが、灯油の補給や温度調整や循環の有無などの若干の調整が必要になります。
従って、面倒なこともあり、まして我らはソロソロ熟年世代に成るので、出来るだけ簡便な方式がベターと考え、此の度は全く新しいタイプの電気温水器にしてみたのです。

この電気温水器というのは貯湯式で、メーカーはいろいろ調べて日立製の360L貯湯が出来るステンレス製の温水器を決めたのです。
電気は通常の家庭用の100Vではなく工業用の200Vの深夜電量を使用することになります。
そして、機器類はメーカーや型番を指定しながらご近所の水道工事屋さんに依頼して新しいのと交換工事をしました。

早速、業者三社に同じ電気温水器の同一メーカー、ほぼ同一製品の設置見積もりを取ったところ、温水器の取り外し取り付け込みの見積は、凡その費用ですが12万、16万、20万円という見積もり格差が出ました。 

其れに、水栓器具や配管工事は別料金で見積を撮りましたが、最終的に見積だけで9万円ほどの費用格差がでてしまったのです。
勿論、最終的には製品や工事に関しては三者とも問題ないとして、最安値の業者にお願いしました。 

実際のところ、解体を含めた搬出作業には少々時間と費用がかかりましたが、立派な工事をしてくれまして、現在では何事もなく、問題なく使用しております。 
結論的には当初の費用見積通りの28万円で追加料金もなく工事は終了しました。
ほぼ2年数ヶ月経った今日でも何不自由なく安心して使用しております。

洗面所のリフォーム費用はいくらかかる?

床の劣化に伴い、洗面所のリフォームをすることになったことがあります。
そのとき最初の内は、壁紙と床だけを検討していました。
しかしながら、水廻りは一番消耗しやすい場所という話を聞いたことがありまして、それでどうせなら、洗面台も取り替えて洗面所全部をリフォームすることにしたんです。
続きを読む

賃貸マンションのプチリフォームと原状回復について。

今回の記事は、賃貸マンション内においての、リフォームとその際の費用に関しての内容になります。
基本的にアパートなどの賃貸物件などと同様で、物件の所有権は取得していない状態ですので、小規模なリフォームであったとしても、大家さんの承諾を得ないで入居者である自分の独断で専門業者への依頼をしたりする事はできません。
続きを読む