車椅子の母の為に庭にスロープを作ったリフォーム体験談。

高齢の母がヨタヨタはしていたものの、まだ歩けていた頃は良かったのです。
そのうち、家から出られなくなってきて、トイレと食堂への移動以外座っているか、寝ているかの状態になり、とうとう廊下で転んでしまいました。
大音量で「ドッスーン」と尻もちをついてしまったのです。

その後、時間の経過とともに痛みが増し、脂汗を流し、「痛い、痛い。息をしても痛いよ」と訴えるようになってきました。
動くことができないので、東京から兄に来てもらい、負ぶって車に乗せ病院へ受診させました。
腰椎圧迫骨折と診断され、安静治療が必要とのこと。

しかし病院は満床でこの程度では入院させられない、と冷たい通告。
あれやこれや手を尽くしていただき、やっと他の病院に入れることになりました。

しかしそこでも色々な事が起こり、とうとう歩くことのできない体になってしまいました。
家へ戻るには車いすが必要です。

そこで庭のリフォームに取り掛からねばならなくなりました。
職人さんを呼び、ケアマネさんとも相談し、狭い庭にスロープを作りました。

もともと門から家の敷地には高低があり、階段が3段ついていました。
そこを壊し、車椅子用のスロープ作りをするのです。

大がかりなもので、数人の職人さんが来て数日かかりました。
階段を壊し、広範囲に庭の土を大きく掘ると、水道の鉛管が何本も出てきました。

それから庭の植物の根を切ったり、球根の移動をしたりして、それもまた職人さんの費用の中に入っていました。
セメントを流して水はけをよくする筋をつけたり、乾かす間はそこを通ることができないので少々不便でした。
狭い庭ゆえにスロープも急で、車椅子を押すにも相当な力が必要ですが、それでも無事に完成し、母を迎えることができほっとしました。

リフォーム費用

庭のリフォームを見直して費用を半額にできた体験談。

私は庭を全面的にリフォームをしました。
その庭をリフォームした内容というのは、雑草が生えない、手入れがいらない庭にしたいと思ったからでした。
今の段階で、庭の手入れをすることに、体力がいつまで続くのかと心配をしていました。
すると、これから先、そのままにしていたら、きっと手入れをすることができないと思ったのです。
そしてそれだったら、いっそのこと、手入れをしなくてもいい庭にすることにしたのです。

その庭というのは、雑草が生えない庭です。
そのため、現在の芝生や雑草が生えているところを、全部タイルにしたのです。
それは、庭の芝生をどうしよかと悩んだこともありました。
ちょっと残しておこうかと思うこともあったのです。
しかし、手入れの事を思うとすべてなしにすることにしました。
そしてそのことは、とてもよかったと思っています。

タイルを張ってもらうということで、見積もりを取ってもらうことにしました。
案外と広範囲になるので、その額について少し心配しているところがありました。
そして見積もりをみて、愕然としたのです。
それは、500万円でした。

もっと安いと思っていたので、その額は唖然としましたね。
ほかのところにも見積もりをしてもらおうかと考えましたが、面倒でしなかったのです。
自宅もそのハウスメーカーのしてもらっているので、そのほうが良いと思ったのです。
そしてその予算内でおさめることができるように、見直しをしたのです。
その結果、半額でリフォームをすることができました。

リフォーム費用

庭のリフォームにかかる費用は?50万円以下でもリフォームにできる?

庭はその家の顔とも言われる場所です。

そのため、
「綺麗な庭にリフォームしたい!」
「芝生や花で豪華にしたい!」
「ウッドデッキをつくりたい!」
と考えている方も多いのではないでしょうか。

そんなときに気になるのがリフォーム費用です。
庭のリフォームにかかる費用の相場は50万円から120万円と言われています。

たとえば、庭にウッドデッキを備え付けたいという場合は、面積にもよりますが、大体50万円から70万円かかります。
それに合わせて、地面の整備代やベンチなどの備品も加えると100万円を超えてくることもあります。

「そんなにかかるなら庭のリフォームをやめようかな・・・」
という方もご安心ください。
50万円以下でできるリフォームもあります。

たとえば、芝生の貼り付けは10万円から20万円ですることが可能です。
また、庭に砂利を敷き詰めるのも、相場は5万円前後と言われています。
これだけでも庭の印象は大きく変わるので、まずは安価なところのみリフォームして様子を見てみるのも良いかもしれません。

庭だけに限らず、リフォーム費用を安く済ませるコツは、複数社に見積もりを取って、1番安価なところに依頼することです。
1社にしか見積もりを取らず、そのまま依頼してしまうのは禁物です。

会社によっては数十万円ほど見積もり費用に違いが出てくることもあります。
そのため、どのような庭にリフォームしたいかを具体的に考えた上で、複数社見積もりをし、決めるようにしましょう。

リフォーム費用

キッチンのリフォーム費用はどこまで出せるのか?

古くなった設備を復活させることは重要です。
その理由は大切な家を長持ちさせるためです。
しかしリフォーム費用を考えると選択は慎重にすべきです。

今はリフォームが流行っているので業者も活躍しています。
そして業者によってリフォーム費用は異なっていきます。

ここではインターネットで比較するなどの工夫が重要になります。
実際にリフォーム費用を安くすれば家族も楽になります。

例えば家の外壁や壁紙などを交換すれば雰囲気が変わります。
またこういったリフォームの費用は安い部分が特徴です。
その理由は壁紙や扉などの交換は楽に終わるからです。

しかしキッチンや浴室などのリフォームには高いお金が必要です。
なぜならキッチンや浴室をリフォームすると大きな作業になるためです。
特にキッチンは古い設備を交換するのでお金が掛かります。

結果としてキッチンのリフォーム費用は高くなるという実態があります。
当然のように新しい設備には、それに相応しいお金を出すことになります。
またキッチンは常に使用するので耐久性が必要です。
そういった色々な条件を出せば更に費用が上がる可能性があります。

キッチンのリフォーム費用としては凡そ数10万円の出費を考えることが基本です。
また50万円以上の費用を出せば一般的な設備を交換できます。

リフォーム費用

通常の浴室からユニットバスに交換するリフォーム費用。

浴室は水回りの空間として老朽化が早く、リフォームするケースが多くなっています。
そればかりでなく、高齢により現状の浴室では入浴が困難になった場合にも、リフォームを検討するケースが増えています。

浴室のリフォームの場合、ケースバイケースでその費用は大きく異なります。
浴槽の交換、床や壁の張り替えと言った一部の工事であれば、数十万円の費用で済みますが、全面的にリフォームする場合は百万円単位の費用になるケースが多いでしょう。

例えば高齢になった家族のために、通常の浴室からユニットバスへ変更するような場合です。
ユニットバスは気密性が高く、温かい入浴が可能です。床は滑りにくく掃除がしやすい素材で、浴槽との段差が少ないため高齢者でも入りやすくなっています。
また一緒に浴室用空調機をつければ、ヒートショックの予防にも役立ちます。

このようにユニットバスは快適な入浴が可能で、さらに清潔感があり掃除もしやすいため、通常の浴室をリフォームする際には選択されるケースが多くなっています。
もしユニットバスを選ばず、浴槽はじめ床や壁などを全面的にリフォームした場合は、その費用がユニットバスよりも高くなることもあります。
ユニットバスの浴室から他のユニットバスへの変更の場合は、配管設備などが既に整っているため、多少リフォーム費用が抑えられるでしょう。

リフォーム費用