賃貸マンションのプチリフォームと原状回復について。

今回の記事は、賃貸マンション内においての、リフォームとその際の費用に関しての内容になります。
基本的にアパートなどの賃貸物件などと同様で、物件の所有権は取得していない状態ですので、小規模なリフォームであったとしても、大家さんの承諾を得ないで入居者である自分の独断で専門業者への依頼をしたりする事はできません。
“賃貸マンションのプチリフォームと原状回復について。” の続きを読む

リフォーム費用

リフォームは外装から!内装からやると後悔する理由とは?

自分の愛するマイホームが、徐々に経年劣化して見すぼらしくなると、何だか少し寂しくなってしまうものですよね。
そこで、選択肢に上がるのが、マイホームのリフォームです。
そして、リフォームを考えた時にどこから手を付けるか、ということが悩みどころとなります。
まるっと1軒丸ごと内外装共に一気にというのは理想ですが、費用のことを考えると、そうもなかなかいかない所です。

それで思いつくのが、外装は多少古くても家の中に入るとピカっと新築のようなおしゃれな家、よし中からリフォームだ!というのがありがちなパターンです。
しかし、ちょっと待ってください!
そこはよくよく検討が必要なポイントです。

それは、内装からリフォームを始めてしまったために、余分な費用が掛かってしまうこともあるからなのです。
その理由は、外装が予想以上に早く傷んでいることがあるからです。

外装の傷みに気づかずに内装リフォームをしてしまったばかりに、工事直後に雨漏りなどが発生して、せっかく変えたばかりの壁紙がダメになってしまう。。
ということも実際にあるのです。

また、痛みが進んでしまうと、外装リフォームの手間が増えてしまいます。
ある程度早い時期にリフォームした場合と比較して、費用に大きな差ができてしまうこともあります。

また、困ったことにこの外装周りの劣化というのは、外壁や屋根を開けてみて始めて分かるということが多いものです。
見積もり段階で分からずに、後から費用の相談などということも起こる可能性があるのです。
ですから、マイホームのリフォームを考えた時には、まず、外装についてよく検討してから計画することをオススメ致します。

リフォーム費用

お風呂のリフォーム費用は知り合い価格だといくらになる?

我が家のリフォームは、すべて決まった所に頼んでいます。
よく分からないのですが、我が家の家族の周りには、建築関係の人が親戚関係を結んでいます。
私のいとこも建築関係のお父さんを持つ人と結婚し、その人のつてで、このリフォーム業者さんと知り合うことになりました。
直接の知り合いではありませんが、いつも良くしてもらっている関係者の一人からの紹介だったということもあり、私たちの家の工事についても、破格でやってくれました。

何度もリフォームは頼んでいるのですが、例えば、お風呂場、これが初めての工事でした。
この費用、全部で10万円です。
これで安いか高いかを判断していただくには難しいかと思いますが、最終的には安いと言っていただけるでしょう。

まず、お風呂のシャワーです。
このシャワーは問題なかったのですが、どうせやるならということで、やってもらい、しかもホテル仕様の水圧の強いシャワーで高級なものを使ってもらいました。

さらに、タイルも、露天風呂風のグレードの高い物、湯船も今までお湯を沸かすのに60分かかっていたものが、湯沸かし器がついたものが採用され、浴槽自体は変わっていないのかなと思ったのですが、きれいに同じような素材を使ったものを入れ替えてくれました。

ついでに、お風呂のドアも変な感じで、すごく開きが悪かった上に、音もなっていたのですが、それもちょっとパーツを直してくれ、それで、すぐに直り、それ以降、ドアも滑らかに開き、お得なリフォーム費用でした。

リフォーム費用

玄関リフォームで扉を交換するならサッシ扉がおすすめです。

あまり詳しくない人は、玄関のリフォームは、それ程は必要な費用とかが掛からないような感じもしたりするかもしれません。
しかしながら、実際にはその家屋などの物件のタイプ毎により設計なども異なります。
そのうえ、玄関扉のサイズや材質とかにもよりますので、種類によっては大変高額なリフォーム費用とかが掛かるような場合も十分に考えられます。
そうした面なども十分に考慮をしながら、リフォームの計画やそのための設計をしていくといった流れが、とても大切です。

ただ、自分が予想をしていたリフォーム金額よりも費用が安くあがった場合などでは、玄関部分に近い箇所のリフォームなども視野に入れながら、計画、設計、見積もりを考えていく事も可能になってきます。
場合によっては、別々の箇所としてリフォームするよりも、同じプランとしてリフォーム依頼を包括して専門業者に要請した方が、費用が安くなる事もあります。

申し込み前に、業者の担当者の方に見積もりをして貰って確認しましょう。
自分自身を含めて、家族や部外者の方などをはじめ、その他多くの不特定多数の人々が出入りする、重要な玄関のリフォームは、慎重に進めるに越した事はありません。

そしてとくにお勧めなどが、お手入れなどの利便性もある横開きのサッシ扉です。
取り外しなども可能なうえに、ドア扉などに比べてとても軽量ですので、これなら老後も安心です。
そのうえリフォーム費用などもそれ程掛かりませんので経済的であり、大変お得といえます。

リフォーム費用

リビングと洋室を繋げてリビングダイニングにリフォームした費用は?

10年ほど住んでいるマンションのリビングと隣り合わせの洋室の間の間仕切りを潰し、大きなリビングダイニング(LDK)にする為、リフォームした時の話です。
大手業者に依頼し、壁の取り壊し、クロス張替え、フローリングの張替え工事をしました。
工事当日まで荷物は置いたままでいいとおっしゃられたのもあり、工事前にまず荷物の移動からして下さり大変助かりました。

工事前に何社か見積もりを取りましたが、料金にばらつきがあり、リフォーム費用はあってないようなものなのかなと思いました。
篦棒に高い業者もあったので、色々な業者の見積もりの大体真ん中あたりの業者を選びました。
荷物の移動や、荷物の戻しなども手伝ってもらい、費用はおよそ30万円ほどでした。

リフォーム工事がはじまり外出していたのですが、後1時間程度で終わると連絡があり、マンションへ戻ると、ぱっと見るだけではもともと壁などあったと思わせないほど違和感なく、工事がほとんど完了していました。
費用的にも高いと感じなかったので、満足でした。
工事の方も帰られ、旦那とじっくり壁や床を見ましたが、気になるところはありませんでした。

ただしクロスのみ、下地が良く無いのか、壁がもともとあった部分の所のみ所々膨らんでいました。
その箇所のみ気になったので、リフォーム業者へ再度連絡し相談しましたが、空気が入っているだけと言われ小さなローラーでころころと伸ばしてもらいました。
ものの5分で膨らみは消えました。
リビングダイニング(LDK)も広くなり大変満足でした。

リフォーム費用