在来浴室からユニットバスにするときのリフォーム費用

 

現代においてはユニットバスの浴室がかなりメジャーで、在来浴室と言われるものは相対的に多くないかもしれません。
しかし、昔からある家の場合には在来浴室となっているケースもあるでしょう。

 

そういう浴室をユニットバスにリフォームするときには、結構な費用がかかると思った方が良いです。
ユニットバスへのリフォームに費用がかかるというよりは、在来浴室からリフォームすることに関して費用が発生しやすいと見るべきでしょう。

 

在来浴室の場合には、浴室の多くを取り壊す作業が必要になります。
したがって、かなり大掛かりな工事となります。

 

壁や床下まで工事が必要な場合もありますし、期間も多くかかるのではないでしょうか?
このケースでは具体的には100万円から200万円くらいかかるケースもあると思われます。

 

具体的にいくらかかるか?というのはケースバイケースですけど、浴室のリフォームの費用の中ではかなりかかると思った方が良いのではないでしょうか?

 

今の浴室はユニットバスが主流で、そちらの方が綺麗でしょうし、使いやすいと感じる人も多くいると思われます。
したがって、ユニットバスに浴室をリフォームする例は多くありますが、中でも在来浴室からリフォームするときには費用が多くかかる可能性が高いということは知っておきましょう。

 

ユニットバスからユニットバスへのリフォームで費用が高くなる場合

 

浴室をリフォームするときにはすでにユニットバスの浴室の場合には、そこから別のユニットバスにリフォームするときには、そこまで費用はかからないとされています。
これは在来浴室からユニットバスへのリフォームをするときの費用と比べてのことになります。

 

しかし、ユニットバスからユニットバスへのリフォームでも、在来浴室からユニットバスへのリフォームをするとき並に割と高額になるケースもあるので知っておきましょう。
それはどうしてか?というと、ユニットバスの中でもグレードというものがあるからです。

 

したがって、よりグレードの高いユニットバスにリフォームしようとするときには、予想以上の高額な費用がかかるとされています。
本当に高価なユニットバスは、高級ホテルの浴室さながらのもので、見た目からして高級感が溢れるような感じになっていますから、そういった浴室にしたいときにはかなり費用がかかると思った方が良いのです。

 

具体的な費用はメーカーによっても異なりますが、100万円以上というケースも普通にありますから、本当にユニットバスへのリフォームでもお金がかかる場合はあるということなのです。
より良いユニットバスにしようと思ったら、リフォーム費用も弾んでしまうということは知っておくと良いと思います。

 

ユニットバスへのリフォーム費用はいくらかかる?

 

最近の浴室は、ユニットバスが主流です。
密閉性があり冬は暖かく、手入れのしやすさや整った設備、またお洒落な空間が人気の理由です。
古い浴室の場合は在来工法が一般的でしたから、ユニットバスへのリフォームを検討されているお宅も多いかと思います。

 

しかし、在来浴室からユニットバスへのリフォームは全面的な工事になるため、その費用が気になりますよね。
今回はユニットバスへのリフォーム費用について、その相場をご紹介します。

 

ユニットバス本体の価格はメーカーやグレードによって大きく異なりますが、シンプルなタイプの定価では60万〜70万円程度です。
グレードが高いものは120万円〜160万円程度です。

 

多くの場合この定価から割引されますから、相場ではシンプルなものは40〜50万円前後、ハイグレードなものなら110万円〜120万円前後といった感じです。

 

この本体価格の他、各種の工事費用が加算されます。
その費用の相場はおおよそ30万円前後になっています。

 

在来浴室からユニットバスへのリフォームの場合は、この工事費用以外に基礎工事はじめ、解体の費用が発生することもあります。
その費用は、浴室の状態によって5万円〜10万円程度を見ておくと良いでしょう。

 

以上のように、在来浴室からのリフォームとユニットバスからのリフォームでは費用が若干違いますが、大まかな予算の相場としては70万円〜160万円となっています。

 

ユニットバス本体のグレードやメーカーで費用が大きく異なりますから、リフォームの際には各社の製品比較や業者の見積もり比較をして、予算や希望に合わせた浴室リフォームを実現しましょう。

 

リフォーム会社で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

 

厳選された優良業者への相見積もりで、費用も断然有利です!