浴室リフォーム費用はいくらかかる?

 

浴室のリフォームと言うと、大きく3つのケースが考えられます。
ひとつは浴槽や給湯器、浴室の壁や床、扉、暖房の設置など、部分的に工事をするケースです。
もうひとつは、普通のお風呂からシステムバスにかえるケース、そしてシステムバスを交換するケースの3つです。

 

浴室の場合、内容によってリフォームの費用に違いがあります。
部分的な工事の場合は、その内容で料金は異なりますが、最低十万円ほどの予算が概ねの目安と言えます。
浴室暖房機や給湯器もそのような価格から設置を検討できます。

 

一方、最もリフォーム費用が掛かるのが、システムバスに変更する工事です。
特に築年数が経っている浴室の場合、水回りという特性もあり、土台自体に腐りなどの老朽が見られるケースが多くなっています。
土台や配管からの工事になると費用が嵩みがちです。

 

そのような工事も行った場合、最低でも100万円以上は掛かるのが一般的です。
お風呂の広さやシステムバスのグレードによって、そのリフォーム費用は大きく上下します。

 

最後はシステムバスの交換の場合についてです。
この場合は、既に土台部分はシステムバス用に整っています。
前述の場合に比べて工事が簡単となり、その料金が抑えられます。
こちらもシステムバスのグレードによって、リフォーム費用が上下しますが、最低価格は80〜90万円程と言ったところでしょう。

 

浴室リフォーム費用はピンきり

 

お風呂場関連の工事は、予算をしっかりと決めてから実行したいですね。
古いマンションや一戸建ての浴室リフォームの場合は、風呂場全体を交換することになる場合も多いのですが、あっという間に70万円ほどになってしまいます。
給湯器だけの交換だけでも20万円近くになってしまいますし、合わせて風呂おけも交換となると更に15万円程度アップします。
居宅スペースの他の増改築を考えている場合には、その費用を圧迫してしまうことにもなりかねません。

 

浴室リフォームで特に注意したいのは実はガス給湯器の質です。
施工業者によっては、古い型式の給湯器を安い金額で仕入れ、正規の価格でクライアントに請求している場合もあるようです。
ガス給湯器のメーカーのカタログをよく調べ最新式の給湯器にしてもらうように注意したいですね。

 

もう一つ注意したいのは、浴室リフォームはクロスの張替えなどと違って出来る機会はそう多くないということ。
水回りの大型工事なので家族の将来設計なども考えてプランを考え、一度で済ませてしまいたいですね。
浴室リフォーム工事の期間、風呂場を使えないというのは想像以上に辛いものですので、何度も家族からの不満が出てしまうでしょう。

 

100万円の費用で浴室リフォームを行いました

 

私の母親は一人ぐらしをしています。
そのため、一人で暮らすためには安全な家創りが必要と思っています。

 

その一つに気になることがあったのです。
その気になることというのは、母親の家の浴室についてです。
昔のお風呂場となっているので、段差があることで、心配となっていました。

 

そのため、費用は掛かりますが、浴室リフォームを行うことにしたのです。
以前もそこで転倒をしかかった事も有り、工事をすることを母親としての望んでいたのです。
そのため、思い切ってその浴室を全てリフォームしてもらうことにしました。

 

ユニットバスをそこに入れてもらうことにしたのです。
浴室リフォーム費用については、100万円ということでした。
少し高いのかなと思いましたが、それが出来上がった時に、そのことにとても満足をしています。

 

まず、とても入りやすくなったということです。
段差がないので、入りやすくとても利用しやすいのです。
また、いろいろな所にとってがついているので、そのことも助かっています。

 

そしてその浴室は暖かいということも、とても良いのです。
ヒートショックという言葉がありますので、寒いお風呂場は危険です。
そのことを思うと、それだけの費用で全てリフォームできたことは、本当に良かったと思っています。

 

マンションの浴室リフォーム費用は複数の業者の見積もりが必須

 

お風呂場のリフォームは、家の中では割とよく行われている箇所になります。
ただその費用については、どういう家に住んでいるか?によって相場が異なっています。
一戸建てとマンションでは、どちらかというと一戸建ての方が金額的には高い場合が多いです。
相対的にマンションの方が安くリフォームできます。

 

しかし、例外もあります。
マンションでの浴室リフォームは、業者の選び方によっては一戸建てよりも高くなる可能性があるのです。
一戸建てのほうは、業者間で費用の差があまりありません。
しかし、マンションの方は結構差が生まれやすい傾向にあります。

 

したがって、一戸建てのほうはともかく、マンションの家の中の浴室をリフォームするときには、1社の見積もりで決めない方が良いです。
業者によって費用に差が出やすいということは、依頼したところがたまたま高い会社である可能性もありますから。

 

だから、金額面に関して少しでも安いところが良いのであれば、いくつかの会社にまずは見積もりをしてもらいましょう。
そのうえで見積もり額や、その他の事情を考慮して、比較をしてから最終的に決めましょう。
そうすることで、少なくとも浴室リフォーム費用に関して、損をする可能性は少なくなると思います。

 

リフォーム会社で悩んでいるならインターネットの一括見積りサイトの利用が便利です!

 

厳選された優良業者への相見積もりで、費用も断然有利です!

 

浴室リフォーム費用はいくらかかる?記事一覧